心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問変わり者の彼と親密になるには?
こんにちは。「彼のしたことが許せない」のカウンセリングの根本さんの解答について、質問があります。
「あなたが電話くれないと寂しくなったり不安になったりするし、私が嫌われたんじゃないかと思ってしまうので電話欲しいんだけど」と彼に言ったら、彼がすごーく暗い顔になって無言で黙りこんでしまうのです。
いつもいろんな方への返答を拝見していると、「怒りよりも、寂しいから助けて」と対処したり、「話し合ってみる」事が、よいとされていますが、私の場合彼が良い感じになりません。
私の彼は話し合いをこちらが全てのプライドを捨てて落ち着いた調子で話をしても、ただ黙りこむだけで、困っています。要するに対処方がさっぱりわからないのです。
私が「あなたを理解したいの。だから協力して」と頼んでも彼は「解りあうなんて、人が他人の気持ちを解るなんてごう慢なことだ」といいます。それに、私が泣いたりわめいたりして感情をぶつけると、すぐ部屋を飛び出して少なくとも一日は帰ってきません。

コミュニケーションを極めて取り辛い、変り者の彼と親密度を深めてゆくには、ほかにどんな対処方があるでしょうか?答えて頂けたら嬉しいです。
まりんさん 29歳 女性

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
まりんさん、こんにちわ。根本です。ご指名ありがとう。

僕の目には順調に滑り出したんじゃないかなあ?と見えます。最初っからうまく行くことなんてないと思ってください。
なんでもそうですね。小さい頃、歩くことを覚えたときからずっと僕達は最初は失敗するものです。でも、僕達が今歩けるっていうことは、なんど転んでも頭を打っても立ち上がろうとしたからなんですよね。だから、立って、歩けるようになったんです。

多くの自立した男女は感情を殺して生きています。感じないように、また、感じたときは押さえ込もうとしていますよね。
怒りやネガティブな感情は抑えなきゃいけないってルールをみんな持ってるのかもしれません。
だから、いきなりそのレベルのコミュニケーションができるか?というと、とても難しいことなんです。だから、時間がかかると思ってください。でも、その分得られるものは大きいですよー。

僕は夫婦ともどもカウンセラーをしてるんですが、それでもなかなかうまく行かないときが多いんです。
感情を伝えても、冷たくあしらわれたり、あしらったり、無視したり、逃げ出したくなったり、いっぱいします。でも、たまにうまくいくときがあるんです。
そのときはものすごい安心感と安らぎとつながりと親密感が同時にやってきます。泣いちゃうくらい感動的です。
まさに「こいつと結婚してよかったなあー」と思う瞬間です。

彼の話を読ませてもらって、彼は比較的感情を感じられる男の人じゃないか?と感じました。後はそれを表現できるようになるのを待ってあげることです。3ヶ月でも6ヶ月でも1年でも。

コミュニケーションというのは、二人の心に橋をかける行為です。 コミュニケーションの真髄はこの相手の気持ちをお互い共有しあうところにあります。態度や言葉だけを拾うのではなく、その裏側の本当の感情を知り合い、理解しあうところにあります。
お互いの本当の素直な気持ちを共有することです。
そのためには自分の本当の気持ちを知っておくことも大切ですね。彼のことが本当に大好きという部分を感じられるように。

相手が理解しあうことに疑いを持っているのであれば、まずは、まりんさんが彼を理解しようとしてあげてください。
これがまりんさん側から橋を架ける行為になります。
理解しようとしてもなかなか難しければ、僕達がお手伝いします。

ちょっと彼の心をちょっと見てみましょうね。
「解りあうなんて傲慢」と彼は言うわけです。なぜだと思いますか?落ち着いた調子で話しても黙り込んでしまうのはなぜでしょうね。感情をぶつけると逃げ出してしまうのはなぜでしょう?

いろいろ考えることができると思うんです。
彼には誰かを解ってあげたいと思った時代があって、でも、そのミッションに失敗して、そんなの傲慢だ!って思うように至ったのかもしれません。そうやって方法を否定しなければやっていけないほど傷ついたことがあるのかもしれません。黙り込むとき、罪悪感があるのかもしれません。
まりんさんは攻撃してるつもりは全然なくても、彼はそれを攻撃と取ってしまっているのかもしれませんし、静かな調子というのが、実はとっても怖かったのかもしれません。もしかしたら、逆に無価値感なのかもしれません。落ちついた調子で話すとき、彼には見捨てられる恐れが出てきているのかもしれません。

彼はそれらについて話すには時間がかかるのかもしれません。
そこで必要なのはコミットメントです。
彼の価値を見て、彼とそういう関係になりたい、とひたすら思いつづけることなんです。だから、上に「待つ」って表現を使いました。
忍耐が必要なんです・・・。

だから、その前にまりんさんが「彼といいコミュニケーションが出来るようになって、彼とバリバリ親密感を感じたい!!」と思ってください。
それでは。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac