心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問 いつも付き合って振られるパターンを解消したい!
4ヶ月前に彼女と別れました。 ちなみに生まれてこのかた 付合う→別れるは三回目です。 今回の記事を読んで自分が 今回のちかこさんの男版に 近いことをなんとなく思いました。 自分も近くに居る人を好きになる人です。
付合うまではそれはそれは良好な 関係なのですが、付合うとなんだか ギクシャクして、付合うってなんなんだろう と思うころに、相手から別れを宣告 されてしまうというパターンが 続いてます。 自分は口下手だと思います。 他の人のように口から言葉が 流れてこないんです。

高校の頃気づいて悩むのですが どうにもこうにも 何を話したらいいのかわかんなくて 結局笑って人の話に参加(聞いていることがおおい) してるだけで。 女の子は結構良く話す子が多く、 ちょっとしたきっかけで 話すようになり、悩み事をきいたり 楽しげな話題をふったりで 一緒にいる機会が増え、好きになって 付合う、という感じです。 でも付合うようになるとラブラブだけ するようになって、お互いその相手が その人でなくてもいいんじゃないかという 疑問を解決できないまま、気まずくなって 別れてしまう。 きっとこれからも自分のパターンは 気をつけなければ同じことを繰り返すのかな と思いつつ今は一人悩みをもったまま 次の一歩をもし踏み出すとしたら どうしたものか時々深く考え込んでしまいます。

どうすればいいんでしょうか。 わからないですかね。何から書けば良いのか わからないまま長くなりました。 よろしければ分かる範囲でアドバイスを お願いします。
たけるさん 21歳

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)

たけるさん、ご相談ありがとう。根本といいます。
付き合うまで、と、付き合ってから、の間に何か壁があるような 感じですね。たけるさんのことがいいなあ、素敵だなあ、と思う 人は、相談を聞いてくれたり、楽しく会話が出来る人、という イメージを持ってると思うのです。 でも、いざ付き合ってみると、あれ?あれれ?と思うことが多い のかもしれません。

付き合う前と後では、人が変わったようになってしまうのでしょうか?
なぜ、そうなってしまうのか?を考えてみましょう。 彼氏・彼女の関係になったとき、あるいは二人っきりになったとき、 どんな自分になってしまっているのか?を想像してみてください。
自分がここにいない感じがしたり、「何かしなきゃ」という焦りが 強くなったり、諦めが出て来たり、全然自信がなかったり、 そういうネガティブな要素です。 (楽しい、ポジティブな要素ってのは問題ではありませんから、 そのままでOKです)

そうしたら、なぜそんな気持ちになるのか?を考えてみてください。 例えば、僕は昔女の子と話すのが好きで、わいわいやっていたんですが、 あるとき「根本君って結構キツイ」とか「自分のことしか考えてない」 とかぐさぐさっとやられたことがあって、以来、話をするのではなく 聞く側に回っていました。二人っきりになるとなお更緊張して、いかに 相手の人に話してもらうか?を考えて苦しんでいました。 (それがカウンセラーとしては、とても役立つものなわけですから、 世の中捨てたものじゃありません・・・) 「僕が話をすると相手に嫌な思いをさせる」という観念が出来て しまったわけです。

たけるさんの過去にそういった「苦い思い出」があるのかもしれません。 もし、思いつかなければ家庭環境をちょっと思い出してみてください。 家庭の中でたけるさんはどんな役回りをされていたんでしょう? お母さんにぐちぐち怒られるタイプだったのか、静かな少年だったのか。
そして、なぜかいつも「この人でいいのか?誰でもいいんじゃないのか? 付き合うってどういうこと?」という哲学的な問題に行き当たってしまう んですね。 はっきり言えば、それに答えは無いと僕は思っています。 でも、それがわかっても考えてしまうのが人間というものなんですけどね。

なぜか?というと、自信の無さやこれ以上うまくいくことへの恐れなんです。 「今以上仲良くなってしまったら、別れられなくなってしまう。今なら まだ大丈夫。これ以上好きにならないようにちょっと距離を取ろう」 こんな潜在意識・無意識のマインドが働いているのかも知れません。
なぜ、そんなことが言えるのかというと、このテーマで思考を働かせている 間にしなくてもいいことが一つあるんです。 それは彼女を愛することです。
つまり、その間は彼女のことを放ってしまってる時間になります。 もし、次回この壁、哲学的な壁にぶつかったときは、もっと彼女を好きに なるときなんだ・・・と思ってください。 もっと彼女に近づき、もっとお互いを知り合い、もっとよりよい関係に 発展するときなんだ、とね。

それから、口下手な件について最後に簡単にサポートさせてください。
男の人は多く表現が苦手で、特に感情的な表現力に至っては小学生の 女の子といい勝負、という人がたくさんいます。 それは僕達男性が、幼い頃に感情を感じることを禁じられてしまった からなのですが、これは練習しかありません。
コミュニケーションというのは、頭で考えたり、本を読むよりも、 まずは実践です。何度も何度もチャレンジして欲しいと思うんです。 3回お付き合いの経験があるのなら、ほどなく4回目もあるでしょう。 そのときに、こう思ってください。 「彼女にとってどんな男になりたいか?どういう自分になりたいか?」 それに向かってチャレンジするんです。

そのコミュニケーションの先生というのは、その頃には目の前に いらっしゃるでしょう。そう、彼女に教えてもらえばいいんです。 それは恥ずかしいことでもなんでもありません。 もし、それまでに何とかしたいっておっしゃるなら、カウンセリングを 使ってみてください。うちには女性のカウンセラーもたくさんいます。 初回無料のカウンセリングもありますし、ボランティアで無料カウンセリング を行っている「カウンセラーズ・グループ」というのもあります。 ぜひ一度ご利用してみてください。
よりよい自分になることを目標に頑張ってみてください。
いつでもサポートさせていただきます。 それでは!


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac