心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問彼の過去で

初めまして。私は付き合っている彼がいるのですが、どうしても彼の過去が気になってしょうがありません。彼の初恋、好きになった人、付き合った人、、そしてSEXした人、風俗、とSEXの経験が一番気になります。特に膣に入る瞬間のあのゾクゾク感を過去の女性で感じた、と考えると頭がキンキンいいます。風俗で他の女の子を触ったというのも気になります。「過去のことだよ」といわれても気になります。

こんなに他の女性、特に性体験が気になるようになったのは過去に大きな失恋をしてからです。私がその人のことだけを一途に「好き好き~っ」って思ってたときにその人が別の女性とSEXしていた、ということがショックだったんだと思います。その人にはセックスフレンドがいて、風俗にも行っていて、それだけで私の純にその人を想う気持ちは打ち砕かれるのに、さらに、私のことは何とも思ってなくて、別の、大恋愛をしている女性がいた、ということが大ショックで、その人ともSEXしてて、だから[SEX」と「過去であれ現在であれ他の女性」が気になるんだと思います。

過去のことを異常に気にするのが原因でもう3人に振られています。過去のことを気にするのはもうクセになってしまっています。どうかアドバイスをお願いします。

梢さん

回答 カウンセラー: 多田陽香
梢さん、はじめまして。
カウンセラーの多田と申します。

彼の過去のことを、とても気にしてしまうんですよね。
それがパターンになってしまってどうにもならないので
すよね。辞めたくても辞められない癖というのは、自己
嫌悪が増し、本当に苦しいですよね・・

梢さんはとても真っ直ぐで、想像力が豊かな方なのだと
感じます。そして何らかの想いに集中しているときのパ
ワーも、とても強いのではないでしょうか?
彼を大好きでたまらなくなったり、死んでしまいたくな
るくらいショックを受けたり・・・
まるでジェットコースターのような感性ですね。
生来、無邪気で天真爛漫な女性なのかもしれませんね。

さて、
自分の中で創るイメージや感覚というのは、実際の出来
事以上に、私たちに強く影響していくものです。
悪いイメージは繰り返すと強化され、まるでお化けのよ
うに怖いものになっていきます。そして実際には起きて
いないことまで妄想したり、思い込みから判断してしま
ったり・・「怖れ」が心の中に定着すると、自己破壊的
になってしまうこともあります。
それはとても辛い生き方になりますよね。

> 過去のことを異常に気にするのが原因でもう3人に振
られています。過去のことを気にするのはもうクセにな
ってしまっています。

パターンになってしまっているのですよね。
彼に言ってはいけないと思いながらも、ついつい責めて
しまったり、詮索したり、追い詰めてしまったり・・
相手が大好きで、失いたくない大切な人だからこそ、心
配してしまうのに・・ほんとに悲しいですよね。

3人に振られている・・と書かれていますね。
梢さんが不安になった時、気持ちをどんな風に彼に伝え
ているのかが気になりました。
去って行った彼らというのは、きっと梢さんに責められ
たと感じたり、梢さんを大切に想う気持ちをわかっても
らえないと諦めたり、どうやって助けてあげたらいいの
かわからない・・と感じたのではないでしょうか。

そして、彼も、梢さんも、酷く自分を責めてしまったの
ではないでしょうか?
二人で幸せになりたかった分だけ。

でも、
梢さんが不安になること、自分で自分を追い詰めてしま
うこと、これは仕方のないことです。
無理になんとかしようと焦らなくていいと思うのです。
不安で不安でたまらなくて、怖がって震えている自分を
ちょっと離れた場所から見てみてください。

梢さんは何にも悪くないんです。
ただ、これ以上傷つくことが怖いだけなんですよね。
彼と幸せに笑ってるこの時間がいつまで続くのか・・
怯えているだけなんですよね。
そんな自分をどうか許し、慈しんでほしいのです。

自分で自分を受け入れ、慈しむことが出来ないから私達
は苦しみ、誰かに助けてもらいたいと想うのですが。

彼に助けを求める時、どんな風にしていますか?
「あなたを責めたくはないし、あなたのせいじゃないの
だけど私はずっとこれで苦しいの。自分ではもうどうに
もならないの・・助けて欲しい」
こんな風に助けを求めたことはあるでしょうか?

私達は自分を嫌悪していたり、自分に自信がない時には
こんな風には言えないですよね。
それよりも、相手をコントロールしようとしたり、詮索
したり調査したり・・ひとりぼっちで何とかしようとし
て、さらに孤独になってしまいます。
素直に「助けて」が言えないばかりに。

心の癖というのは、変えることができます。
「自分はどうせ失敗する人間なんだ」と決め付けない限
り、私たちは変化することができます。

心の癖というは、そもそも、繰り返した結果であり、
今後、ポジティブなイメージを癖にすることもできるの
です。彼との楽しいこと、明るい未来、これをイメージ
する癖を強化することで、過去のパターンは古くて使え
ないものになっていきます。

自分自身ではとても無理・・というときには
カウンセリングやセラピーをお勧めします。
過去のイメージから創られた思い込みを書き換えたり、
新しいイメージ、なりたい自分のイメージを強化したり
今からはじめてみてはいかがでしょうか?

今は上手に出来なくても、自分の進む方向性が決まるだ
けでも、気持ちにゆとりができると想います。
癖になってしまったものを、自分ひとりで抱え込んでい
るときは本当に辛く、どうにもならないものですよね。

それから最後に、私の直感ですが、
梢さんにはいつも男性のご縁があると想うんです。

それは、梢さんがそれだけ女性として魅力的で、そして
梢さんを助けたいと想っている男性がたくさんいるとい
うことだと思います。
梢さんから男性に与えられるものがあると思います。
梢さんに信頼されること、認めてもらうことで、癒され
る男性がいると思うのです。

傷ついた過去よりも強く「今、ここ」を感じられるよう
になるといいですね。
梢さんが男性の優しさに包まれて、心から安らげる時間
が増えていきますように。お祈りしていますね。

ご相談ありがとうございました。


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac