心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問彼は友達になろうと言いますが・・・
こんにちは。数ヶ月前、8年間付き合った彼と再会し、すぐに体の関係ができました。その後もお互いの意志がはっきりしないまま続いていたのですが、3ヶ月程前に彼女がいるからもう会えないと打ち明けられました。

でも私は別れられず、そのまま関係が続きました。私は好意を持っていたし、私の事少しでも考えてくれたら。。と思っていましたが、彼はその事を了承済みと受け取った様で、先日又同じ事でもめてしましました。

彼は友達として会おうと言います。以前、付き合っていた時、私は「友達」という言葉を受け入れられず、最後は拒否されて別れたのですが、今回はそれを受け入れたいと思います。彼は「長年の付き合いだし、お互いの性格上クセのある部分にも慣れてるから、付き合い自体は終わらせたくない」と言っています。私もその点については同じように感じていますが、実際そうしようとしてみると、辛いのです。

やはり私からは連絡も滅多に取れないと思うし、好きな感情も出せない。出してはいけないと思うからです。
彼は他の元カノとも友達として付き合っているらしく、私とも友達になれるはずと言います。でも、私がこんな気持ちでいる以上、友達というのはやはり無理ではないでしょうか?

彼が友達でいたいと言う以上、今回はそれを受け入れたいという気持ちから、このような決断をしましたが、依然前が見えない状態です。
こんな気持ちになるのは、やっぱり私のわがままなのかな?という気もするのですが、今の気持ちをどの様に鎮めたらいいのか分かりません。

ちなみに彼は今の彼女の事に関して私に殆ど教えてくれません。私の性格上、その方が良いからという理由からですが、私は彼女の事をもっと知ってその存在を自分に思い知らせる等して、あきらめる事が必要なのでしょうか?
取り留めのない文章になってしまい、申し訳ありません。
お力をお貸しいただければと思います。

ゆうきさん

回答 カウンセラー: 中原謙一(退会)
ゆうきさん、初めまして。
私は中原謙一と申します。
よろしくお願いいたします。

読ませていただいて、いくつか気になったことがあります。
まず一つ目に、ゆうきさんと彼との「友達」の定義が同じかどうかです。
一言で「友達」といっても、すごく広い意味がありますよね。
ゆうきさんにとって、顔見知りは友達ではなくても、彼が「顔見知り=友達」と思っていれば友達です。
この微妙な言葉の解釈の違いが、ゆうきさんに混乱を与えているように感じます。

二つ目に、ゆうきさんは自分の気持ちを必死で抑えようとしているのが感じられますが、感情は抑え込めば抑え込むほどしんどくなります。

三つ目は、彼の言葉や表現の違和感です。
何故彼は「友達」にこだわるのか、彼女のことを話したがらないのか、元カノが友達として付き合えているからといって、ゆうきさんも元カノとして付き合えると思い込んでいるところとか、彼の言葉や表現には、なにか違和感が感じられます。

四つ目に、前回何故彼と別れたのかという点です。
ゆうきさんの心のどこかで、以前彼と別れた時の問題を、納得できないままずっと引きずっていたのではないかと感じます。
そして、別れる前と同じことを、今していないかどうか、感じていないかどうかをチェックすることがすごく大切になりますね。

もし別れる前と同じことをしているのであれば、彼はゆうきさんとの関係は「また同じ結果になる」と感じてしまいますから、今以上に距離が縮まることはあり得ないわけです。
そして、別れる前と同じような感情をゆうきさんが今感じているのであれば、これはゆうきさんの考え方そのものに、なんらかのよくない癖が存在しますね。

文章を読ませていただいて、まるで「誰かに別れろ、あきらめろといって欲しい」というのを感じますので、おそらくゆうきさん自身も今すごくどうすればいいか、心の中で葛藤しているのでしょうね。

ここで私からの提案ですが、今はまだ結論は出さなくてもいいと思います。
結論を出す前に、やって欲しいことがあるからです。
それは、ゆうきさんの心の中でおきている葛藤、まるで「幸せになりたい」自分と「あきらめいっぱい」の自分がずっとケンカしているような状態ですから、この両方の言い分をまず聞いてあげて欲しいんです。
どちらにもいいたいことがありますし、どちらがあっている、間違っているとはいえないかもしれません。
正しいか正しくないかではありませんからね。
今はただ、心の自分がなんていっているのか、自分に何を伝えたいのか、その声をしっかりと聴いていただきたいんです。

難しい、うまくできない、そう感じられるかもしれません。
そう感じられたのであれば、その時はぜひカウンセリングを使ってみてください。
カウンセラーを自分に見立ててお話ししてもいいでしょうし、カウンセラーに第三者の立場で客観的にみてもらうことで、現状の突破口が見えてくるかもしれませんからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ゆうきさんが素敵な恋愛が出来るための参考に、少しでもなれば、幸いです。

ありがとうございました。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac