心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問お金を貸したまま音信普通なんです
2004年の春まで、私は元気で、仕事と2つのバンドと彼氏との生活で
充実していました。
その春、4月初旬、彼氏がとんでもないことを言い出したんです。
「元カノとその友達と3人暮らしをする。もちろん、休日は私のところに来るから」
そして、唯一楽しみだったバンドは、メンバーだった彼のせいで2つとも活動休止。
私はその時点で別れを告げたが、お互い別れられなかったんです。
だから理由を聞いたんです。なんでそんなことになったか。
理由は「お金がなかったから」。

だから私は少しだったら貸してあげるから止めてくれといいました。
そして、彼に30万貸しました。
でも、辞めてくれず、その生活は半年間続きました。
私は心の傷で仕事もできなくなり、半年間のたうちまわりました。

でも、彼に「病院にいくような事じゃない」と言われ、診療内科に行かせてもらえませんでした。
半年後、彼は仕事を辞め、3人暮らしもやめて、前にやってたパチプロに戻るからさらに50万貸してくれって言いました。
その頃の私はもうわけわかんなくなっていて、言われるがままに50万渡しました。

パチンコ・パチスロはうまくいかず、そのお金は12月でなくなりました。
彼が仕事を辞めたときは私はすでにPTSD・不安神経症にかかっていて、
自傷行為をしたりパニック発作が起こって彼を責めたてたり、最悪な状態
でした。

そして、2005年1月1日。
「お正月は一緒にいるから」って言ってた彼がパチンコに出かけている間に、淋しくて大量の漂白剤と睡眠薬を飲んでしまったんです。
飲む前に友達に電話してたらしく、警察と救急隊を呼んでくれていて、
一命はとり遂げました。

そこから3ヶ月実家にひき戻り。
でも東京が大好きだったあたしは4月に東京に戻ったんです。
彼と一緒に借りたマンションもあったし。
だけど、環境が良くなっただけで、病気の状態は同じで、睡眠薬飲んで首吊りをしたんです。

良かったのか悪かったのか、ロープに背が届かず、友達が呼んだ警察と救急隊により、実家に連絡され、今度はマンションを引き払い、完全に実家に戻されました。

ひどいのはその後の彼の対応。
メールも電話も無視。
たぶん80万は返ってこないでしょう。
私が今でも悪夢を見たりパニックを起こしたり、精神的に不安定になるのは、これが原因の全てでしょう。
そして、いまだに前ほど音楽にのめりこんだり作ったりできないのは、同じ原因でしょう。
せめてお金だけは返してほしいです。
幸子さん

回答 カウンセラー: 原裕輝
幸子さんへ こんにちは、カウンセリングサービス原です。
ご相談ありがとうございます。
80万という大金が返ってこないかもしれない事になって
本当に大変ですね。
お金を返してもらう事のサポートに関しては、
私たちカウンセラーよりも、弁護士が適しているかもしれません。
お金を返してもらうサポートはできませんが、
私ができるサポートを、できるだけさせていただければと思います。

大金が返ってこない事は、大変な事ですが、
幸子さんの心の痛手も、大変大きな事だと思います。
私の勝手な解釈かもしれませんが、
好きな人に裏切られた痛手は、お金よりもなによりも、大きな痛手の
ように思います。
すごく苦しんだ事と思います。
すごく傷ついた事と思います。
好きな人に裏切られる事は、本当に傷つく事だと思います。
本当に大変でしたね。

今は、彼への様々な思いを、手放す事が大切なように思います。
今は、ご自身が傷つかない事や、ご自身が心の痛手から解放される事が
もっとも大切な事のように思うからです。
ご自身が幸せである事が人生の目的であるとすれば、
今の彼への様々な思いに執着してしまう事は、
ただご自身を傷つけてしまうように思います。
このまま、彼への思いを引きずり続けてしまう事は、
本当に苦しい事だと思います。
裏切られた悲しみ、寂しさ、全てを解放していって、
幸子さんが楽になっていって欲しいなと思います。
一人で、抱えずに、その思いを、友人や、肉親など、誰かに預けられ
てくださいね。
一人で抱え続けるのは、本当に苦しい事だと思います。
私たちカウンセラーも、その心の痛みの一端を支える事ができたら
と思います。

幸子さんが彼の事で、この先何年間も心痛められる事がないように
なればと思います。
そして再び前のように音楽にのめり込めるご自身を取り戻していって
欲しいなと思います。
その為に、彼を許す事も、その方法の一つなのかもしれません。
人間誰しも許しづらいできごとがあると思います。
ですから、今は許そうと思えなくてもいいと思います。
いつか、許せるようになれればいいと思うんですね。
この許しというのは、もちろん彼の為ではなく、
このできごとで、幸子さんがこの先々何年間も心を痛め続ける事から
抜け出す為の方法としての許しと受け止めてもらえればと思います。

人との関係で傷ついた心は、人との関係で癒されていきます。
誰かに心の痛みを支えてもらい、誰かと一緒に心の痛みを乗り越えて、
いくと心の傷が回復していきます。
そして、彼に対する心の余裕が生まれた時、彼を許しやすくなると思います。
そうすれば、この先々彼の事で幸子さんが心を痛め
る事が無くなっていくと思います。
一人で、心の痛みを抱えられないでくださいね。
今回はご相談ありがとうございました。
失礼します。


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac