心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問ギャンブル依存症

こんにちは、初めて相談します。

僕は、26歳の未婚者です。
一昨年くらいから、ギャンブル(スロット)にはまってしまいました。

最初はさほどのめり込む事はなかったのですが、最近になり、仕事が終わってから、休日と毎日、ギャンブルとなってしまい、借金をしてしまいました。
自分ではいけないと思っていますが、抑えきれず行ってしまい、またギャンブルで勝つとまた行ってしまい、また負ければ、と延々と同じ事の繰り返しです。

自分でもどうしてよいのか分からず、相談する人もいません。どうかよきアドバイスをお願いします。

山崎さん

回答 カウンセラー: 中原謙一(退会)

私は中原謙一と申します。
よろしくお願いいたします。

さて、相談内容を読ませていただいて、二つ感じたものがありました。

一つは、「ギャンブルにはまってはいけない」と感じている気持ちです。

もともと、山崎さんのなかに、何か抑圧するものがあったのではないでしょうか?
それが、ギャンブルという形で解放感を得られた可能性があります。
そうすると、ずっと心の中にため込んでいた抑圧を解放するためにギャンブルに走るのでしょうが、やればやるほど「やってはいけない」「はまってはいけない」と感じてしまいます。

しかし、人間不思議なもので、「やってはいけない」と禁止すればするほど、どんどん興味を持ってしまいます。
ダイエットや禁煙がうまくいかないケースの多くも、同じ感じなのでしょうね。

もう一つは、熱中できることに関することです。
山崎さんはここ最近物ごとに熱中することがなかったのではなかったのではないでしょうか?

山崎さんの中に、「何か熱中できるもの」「夢中になれるもの」がなかったために、その有り余ったエネルギーが今、ギャンブルに向いているのではないかという気がします。

もしかしたら、山崎さんの中にずっと満たされない何かがあって、それを仮に満たすものとしてギャンブルがあるのかもしれませんね。

基本的に、ギャンブルそのものは悪いことではありません。
ただ、自分が許容できる範囲を超えたギャンブルは、結果として何も生み出すことはありません。

ギャンブルに野めり込むことで、行き場のない感情や思いを発散する形になってますので、これは別の熱中できる何かを持つことができれば解消は可能です。

ギャンブルそのものも禁止する必要はありません。
自分の中で「これだけ」と決めてできるくらいの強さがいります。

そのかわり、ギャンブルで感じていた爽快感や解放感、勝ったときの感覚をえられるような別の何か、例えばスポーツであるとか、いちばんいいのが恋愛なのですが、そんなものを自分に与えていければと思います。

どんなことでも、どんなに好きなことでも、過ぎれば毒になります。

本当に熱中したいことが何なのか、本当にやりたいことが何なのか、それがパチプロでも構いません。
自分が何をしたいのか。

もう一度自分に聞いてみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
山崎さんの人生がより輝けるようになるための参考に少しでもなれば幸いです。

ありがとうございました


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac