心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問女性に対するウソをやめられない
ウソを日常的についてついてしまいます。
なぜ着いてしまうのか自分でも分かりません。
でもどうしても本当のことが言えません。

ガールフレンドがいますが、彼女にも日常的にウソをついています。
彼女はそれに気がつき始めていて、ウソをついていると、指摘してきます。
そして、なぜウソをつくのかと理由を聞いてきます。ウソなんてつく必要ない、ほんとのことを言っても大丈夫だよ、とも言います。
でもそういうことを言われ始めると、無性に彼女に対して怒りを感じ、なぜ自分を信用しないのかと、腹が立ってきます。

この間も、昼飯を職場の女の子と食べる約束をしていたところに、彼女から一緒にご飯を食べないかと電話がありました。職場の女の子には僕の彼女を紹介したこともありますが、とっさに「仕事の会食があるからだめだ」とウソをついてしまいました。

すると彼女が、僕がだめなら変わりにその女の子を誘ってみる、と言うので、これは大変だと思い、今度はその職場の女の子に電話し「緊急の仕事が入ったので昼飯はキャンセル」とウソをつきました。

友達は女性ばかりです。そして多くの場合、付き合う気もないのに、友達以上みたいな気持ちを相手に持たせることで引き寄せている気がします。自己嫌悪に陥ります。でもやめられません。

また、どの人に対してもウソをついているので、自分の友達と友達を合わせるとつじつまが合わなくなって人間関係が破綻するため、複数で会うことが出来ません。今の彼女はそうした僕の問題点に気づいていて、その解決策としてお互いの友達を紹介し合おうとしますが僕には苦痛です。

彼女はカウンセリングも勉強していて僕のことを演技性人格障害かもしれないとも言っています。彼女が僕のことを真剣に考えてくれていてじーんと来る一方で怒りももっています。僕は悪いことをしているんでしょうか。
やまださん

回答 カウンセラー: 原裕輝
こんにちは、原と言います。
こ相談ありがとうございます。

自己嫌悪に陥るということは、嘘つきたくないという誠実な心がある気持ちがあるからこそ、ウソをついて、相手の気持ちを引き寄せようとした時に、自分を責めてしまい自己嫌悪におちいってしまうんでしょうね。
それは、誠実な心がある証拠だと思います。

嘘をつくことが、良いか、悪いかの議論を置いといたとしても、
今回のご相談内容を読ませていただく限り、
嘘をつくつもりは無いが嘘をついてしまうことに関して罪悪感を感じているように僕には見えます。

そして罪悪感から、ご自身を責めらているんでしょうね。
だから自己嫌悪にもなるんだと思います。

それは、嘘を付きたくないという純粋な心や、誠実な心を持たれているということだと思います。
ですから嘘をつくつもりは無いけど“気づいたら”嘘をついてしまっていたという
感じじゃないかなと思います。

それだけに、「ウソなんてつく必要ない、ほんとのことを言っても大丈夫だよ」と
言われた時に、怒りを覚えてしまうんじゃないかなと思います。

本人的には、計画的に嘘をついているわけではなく、“気づいたら”“ついつい” 嘘をついてしまっている形になっているんじゃないかなと思います。

それだけに、もしかすると分かってもらえたい人に、
その“気づいたら”“ついつい”というのを分かってもらえていない感覚がする時
に怒りを感じてしまうのかもしれませんね。
そんな感じはないでしょうか?

また、嘘をついてしまうことについて、やまださんご自信が、
自分で自分のことを強く責められているように感じます。
それは、もしかしたら、嘘をつくたびに、意識できないくらいにオートマチックに
心の中でおこっていることなのかもしれません。

たとえ話ですが、ケガをした時にケガの上から塩を塗られてたら痛いと思いませんか?

同じように、ご自身で自分の嘘をつくことを責めている度合いだけ、
嘘をつくことに関して、彼女に触れられると痛くなってしまうんだと思います。
『自分で自分のことを罰するから、これ以上触らないでくれ!』とでも言うかのように怒りという感情がでてくるんだと思います。

嘘をついてもいいとは思いませんが、嘘をついてしまう自分を責めすぎないようにされてみてはと思います。

なぜならば、自分で自分を責めすぎるからこそ、彼女に怒りという感情をがでてくるからです。
彼女に怒りを覚えないためにも、自分を責めすぎないことは、大切じゃないかと思います。

嘘をついてしまうことにも訳があると思うんですね。
ご相談内容を読んでいると、嘘をつきたい方のようには感じないんですよね。
嘘を付きたいわけじゃなく、ついてしまうんだとしたら、必ず訳があると思うんで
す。
今回のご相談内容の文からは、嘘をついてしまう訳を分析するまでふみこむのには、材料がたらず嘘をついてしまう訳までは、わかりませんが必ず訳はあると思います。

嘘をつくことのメリットの一つに、なんらかのことや感情から自分を防衛するとか、 なんらかのことや感情から回避できる、といようなメリットがあると思います。
もしかすると“恐れ”という感情がキーワードになるかもしれません。

嘘をつく時に、どんな感じがしてるのだろうと自分の感情をチェックしてみること
で、嘘をついてしまう訳が見つかるかもしれません。

嘘をついてしまう訳がわかれば、必ずやめるための方法が分かってきますから、 まずは、訳を探すのに力を入れられてみては、いかがかと思います。
訳探しにカウンセリングも役立てていただければと思います。

それまでに、嘘をついてしまう場面もあるかもしれませんが、ご自身を責めすぎないでくださいね。

それでは、今回はこの辺で失礼させていただきます。
ご相談ありがとうございました。


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac