心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問働きたくない
こんにちは、よろしくお願いいたします。

私は留学生で、海外に来て2年勉強し、そろそろ仕事を再開しようかと思っているところです。
しかし困ったことに働く気がしないのです。このまま楽な学生生活に浸っていたいと言う気持ちと、もう若くないので早く就職してしまわなければならないという気持ちが入り混じってどっちもつかずになっています。

2年前に仕事を退職して留学したのですが、以前の仕事が精神的、体力的にあまりにもきつく、以前のことを思い出すと苦しくなり、仕事探しをためらってしまいます。

かといって、自分の貯金にも限界があり、いつまでも学生を続けるわけにはいきません。自分でも、甘えているのはわかっているのですが働きたくないのです。以前に日本で働いていたときには仕事に生きがいを感じていた時期があったのですが。
どうしたら働く気が起こるようになるでしょうか?

ひよこさん

回答 カウンセラー: 岡田えりこ
ひよこさん、はじめまして。岡田えりこといいます。
ご相談ありがとうございます。

「○○しようか・・・でも・・・」
私はこういう風に悩んでいるときって本当にしんどいですよね。
「そろそろ仕事しなくちゃ。」←→「でも、もうちょっとだけ・・・。」
この二つの気持ちの間を行ったり来たりしてしまいますよね。
ひよこさんはこの二つの間で身も心も張り裂けそうになっているのではないでしょうか。

決めてしまえれば楽なんですが・・・。
決められない理由もたくさんありますよね。

相談を拝見してひよこさんはいろんなことに一生懸命取り組む人なんじゃないかと思うんですよね。
一生懸命がんばりすぎて疲れちゃった感じがします。

だとしたら、留学生活はエンジョイしているのかしら?
ひよこさんにとっては『長い夏休み』みたいなものなんじゃないのかな。
でも、今は「そろそろ働かなきゃ。でも、働きたくないなぁ。」って気持ちが渦巻いていますよね。
こういうときは何も楽しめないし気が休まりませんよね。
心がちっとも休んでいられないのです。
最近特になんだか心が忙しいって感じているのではないでしょうか。

もし、ひよこさんに『長い夏休み』が必要だったのだとしたら・・・、
それはひよこさんがそれまでとっても我慢してがんばってきたからではないかと思うんです。
ずっとどこかで好きなことをすることとか、したいようにすることとか、羽根をのば
すこととか、そんなことを我慢して辛抱して生きてきたのではないですか?

私はひよこさんがここで働きたくない気持ちが大きくなってしまう理由には大きく二つあるような気がするんですよね。
1.前と同じやり方をするとまた燃え尽きてしまうような気がするから。
2.この2年間の生活を充分に味わっていないから。もっと味わいたい。

どちらでしょうか?
両方ともですか?

1.についてですが、
もちろん、同じやり方で無理をしてがんばって仕事をすると前よりも早く燃え尽きてダウンしてしまうこともあるでしょう。

でも、大丈夫です。安心してくださいね。
人間は以前はできたことができなくなるってことはないと思います。
ただ・・・、また燃え尽きてしまうのを防ぐために新しいやり方を探していくことを
オススメしたいんですね。

新しい方法を見つけていく足がかりとして前の仕事をしていたときに何がストレスになっていて、もっとどうすることができればよかったのかを振り返ってみることもこれから先にどうしていけばいいのかのヒントをたくさん持っていることも多いんですよ。

2.の気持ちがあるとしたら・・・、
この2年間の留学生活はひよこさんにとっての今までがんばってきた褒美じゃないかと思うんです。
充分に楽しめていないとしたら『受け取れてない』ってことになってしまいます。
それはもったいないですよ。せっかく自分で自分にあげたご褒美なのに・・・。

自分で自分にあげたモノも受け取れない、味わえないということは他の人にもらったものはどうなんでしょうか?
今まで充分に受け取ってきましたか?
友達や家族の気持ちやなんかのことなんですけど。

それから、働き始めると失うものがたくさんあるように感じているところはありませんか?
今の留学生活で感じられるモノは『自由さ』とか『楽さ』なのかしら。
働き始めるとこれは消えてしまうわけですよね。

A.「そろそろ仕事しなくちゃ。」
B.「でも、もうちょっとだけ・・・。」
Aを選べば犠牲感が、Bを選べば働いていない罪悪感がついてくるんじゃないかしら。
今はどちらを選んでもしんどいですね。
だとしたら、今までしてみたこの二つの中には答えはないのかもしれません。
ときにはもっと新しい答えを探す必要があるときもあるでしょう。

そのために今までのやり方を見直してみることはたくさんのヒントをくれるでしょう。
前のお仕事のときに何がつらかったのでしょうか?
仕事で生きがいを感じていたときには何がありましたか?
誰のために何のためにそこまでがんばったのでしょうか?

そして、仕事をするということに楽しみや楽さが少しも感じられないのなら、
まずは、残り少ないかもしれない今の生活を楽しむところから始めてみてはどうでしょうか。
今の時間を次のステップへのエネルギーを蓄えることに使いましょう。
エネルギー切れのままではガソリンが空の車と同じことですから走れなくて当たり前なのではないでしょうか。

よかったら無料電話カウンセリングも使ってくださいね。
人と話すことでたくさんの解決へのヒントが得られることもありますから。

一日も早くひよこさんが充電できますように・・・。

岡田英里子


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac