心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問見栄っ張りで恋愛できません。
はじめまして。
今日は、助けて頂きたくて相談させていただきます。

私は35歳の女性会社員です。
169cm、56キロ。最近の私の第一印象は、
「おおらかで華やかな美人タイプ、、、」だそうです。

仲のよい友人や、同僚には、あけっぴろげで、ウソや作り事のない素直なヒトだからとっつきやすい。と言われてます。
恋愛経験豊富で交友関係も広いだろうと、みられてます。

そう見られたいと思ってそうふるまってきましたが、、、

実際のところ、私の恋愛経験はすべて片思い止りです。
見栄っ張りで、ウソばかりついてしまいます。


自分なりに理由を考えてみると、
私は自分の容姿のコンプレックスが大きく、愛される存在だという自信が全くありませんでした。

二つ違いの妹がいるのですが、彼女は小柄で、「お姉ちゃんは、背が高いのね!妹ちゃんはかわいいね~」と言われて育ち
また、最近気がついたのですが、小学校低学年の頃に妹がついたウソが原因で「お父さんは妹だけがかわいいんだ、私のことは憎いんだ」とずっと思い込んでいました。
母親(華やかな美人タイプで社交的)は「妹は私に似てるんですけど、姉の方は父親似です」といつも言っていて
たまに私が母と似ているという人がいると露骨に嫌そうな顔をしたものでした。

小学校の時から、友達の家への外泊は「ふしだら」だと禁止され、中学校の時くらいから「男の子とチャラチャラして、自分を安売りしなさんな」ときつく言い聞かされて育ちました。
中学校の時には、バレンタインデーにと買ってきたチョコを「何を色気づいてるの!こういうことは大人になってからしなさい」としかり倒され、捨てられたこともあります。

家に男の子から電話がかかってきても、つないでもらえませんでした。 が、地元の有名女子大に入学してから、母親の態度はころっと変ったのです。
有名大学名を名乗る男性の電話はもちろんつないでくれますし無断外泊さえも認められるようになりました。
有名企業に入社してからは、さらに拍車がかかったよう気がします。

 母にはお見合いを勧められるのですが「犬や猫じゃあるまいし、何で紙切れ1枚で”身売り”されなあかんのや。」という思いがして、反発してしまいます。


で。私がなぜ片思いな恋しか経験がないかというと、
「自分を安売りしなさんな」という母の言葉にしばられてるのではないかと思います。
お化粧やおしゃれをするのは「ちゃらちゃらして安売りするようで」恥ずかしく、男の子と話する際は「ちゃらちゃらするなんて!」と必要以上に硬いそっけない態度を取ってしまっていました。
周囲を見ていると、いい意味でコナをかければスムーズに恋愛が進むのは理解するようになったのですが、いざとなるとどうしても出来ません。でも、そんなことを友達の女の子に知られるのは恥ずかしく誰にも相談できませんでした。

テレずにおしゃれやお化粧するのに慣れたのは25歳位で、その頃には華やかな美人に見られていたと思います。
でも、相変わらず、外見に自信がない私はコンパに誘われても「みじめな思いはしたくない」と絶対に参加しませんでした。
それが、「彼氏に一途」だの「大人な恋愛をしている」だのの噂の素になっていたようです。


男性と仕事仲間として接しているうちに、必要以上に硬くなることも
無くなり、複数人数でのお酒の席を楽しめるようになりました。
自分では意識してないのですが、スキンシップをとるのが上手らしく、軽い好意を持ってることは伝えることが出来ます。でも、いざ、1VS1になるとだめなのです。

素敵だなと思う男性が自分に好意を持ってくれていることも察知できる程度には心の余裕が出てきました。
が、そこから前に進めないのです。

素敵だなと思う男性が、口説いてくると、怖くなったり(自分に自信がないので嫌われそうな気がして)
気持ちがひいてしまうんです(「私、今安売りしてるんではないか」とか「からかわれているのか」と不安に。)
で、そっけない態度を取った結果、相手の男性が去っていく、去られてから激しく後悔する、の繰り返しです。

今、素敵だなと思う男性がいて、
ある程度の好意を持ってくれているようです。
いい意味でコナをかけたい、もっと親密になるチャンスを掴みたいと思うのですが、思いがけないところで会うと、せっかうのチャンスなのに見つからないよう逃げてしまったり、顔がこわばって会話が弾まなくて後で「こういえばよかった」と後悔ばかりしています。

デートの口実をさぐるようなメールを受け取っても、動転しすぎてそっけない返信をしてしまい、後悔してます。

デートに誘われても、その時は嬉しいのですが、待ち合わせのその時まで気持ちが苦しいのです。デートそのものは楽しめるのですが。
なので、その「苦しさ」を思うと、嬉しいはずのデートも断ってしまいます。
いつも「後から後悔」なのです。彼もまた去ってしまうのか、私は誰とも素直に接することが出来ないまま、独りっきりで歳をとっていくのかと寂しくてなりません。

kaoriさん

回答 カウンセラー: 中野知枝(退会)
kaoriさん、こんにちは。中野知枝です。
ご相談頂きありがとうございました。

恋愛経験がないことがこれほど自分を追い詰めることになるとは
思ってもいなかったのではないでしょうか。
その結果が小さな嘘を次第に重ねていくことになり、それが
「なんて私って見栄っ張りなんだろう・・」と自分を嫌悪してしまって
いてしんどいですよね。

小学校、中学の時のお母さんの言葉を聞かされてきたことで傷ついて
しまっていましたが、それは悲しい事実なんだけれども、お母さんの言
葉をそのままの形以上に受け取ってしまったから今の悲しい気持ちに
なっているのかもしれません。

私たちは自分の思うように描いた感情を相手の言葉や行動に対して
当てはめてしまうことが多いんですね。同じ言葉だとしても、そこに相手のどれ
だけの感情が乗っているのか私たちは判断してしまいがちなんです。

例えば、「今はちょっと都合が悪いから」と言われたとしたら、
ある人はその言葉の通りに「今は都合が悪いんだな・・」と素直に受け取ることが出来るので、また今度にするね、と楽に言えたりするんですが、
すごく自分を卑下していたり悪い子だと感じている人にとっては
「私のことをあまりよく思っていないからなんだな・・」
と悪い方へ判断してしまいます。

その時のお母さんの気持ちはお母さんにしかわからないものかもしれませんが、 もしかしたらこんな気持ちも隠れていたのかもしれないんです。
「まだまだあなたは子供なんだからとても心配なの。
もし大変なことになってしまったら私は悲しい。」
そういったお母さんの不安から発せられた言葉だったのかもしれません。
子供の時は子供を安全に育てたい気持ちがありますから、
しがらみが多くても仕方ないことだと思うんです。

また、お母さん自身は自分は本当に妹と似ている、と強く思い込んでいたかもしれません。
『たまに私が母と似ているという人がいると露骨に嫌そうな顔をしたものでした。』
という状況も、自分がそう思っている部分を否定されたような気がして、
大きく言ってしまうとその相手に「あなたが言っていることは違うわよ」と
お母さん自身を否定されたような感じがしたから嫌な顔になってしまったのかもしれないんです。

こんな風に、悲しい思いをしたことは変えられませんが、
私の思い込み(観念)は本当に正しいのかな??
そして今の私を幸せにしているかな?と改めて考えて下さいね。

そしてkaoriさんを見るまわりの人の目をもっと信頼してもいいと思うんですよ。
華やかな女性として映っていることはとても嬉しいことですよね。
「私自身はそんなことないよ!」と思い込んでいたとしても、実際はそのように
思われている、ということなんです。
ただ邪魔になっているのは、私自身の私に対する評価なんです。
自己評価が低すぎると、どんなにいいことを言ってくれたとしても受け取れなく
なってしまいます。
素敵な男性が好意を持ってくれていることが察知できても、自信のなさがあると、
「本当の私を知られてしまったら、彼は去っていくんじゃないか?」
と、こんな風に考えてしまいます。
先読みしすぎは恐れを助長するので返って失敗してしまうんです。
そして、恐れが強すぎると恐がってしまっている自分を
平静な自分に戻してあげようとすることに
自分の意識が向いてしまいますから、
相手がどんな気持ちを持っているのとかがわからなくなってしまい、
それが返って壁を作る結果になってしまうんです。

kaoriさんは同じ失敗を繰り返してしまったことに対してすごく後悔されていますよね。
そしてそれが自分にとって「私ってなんて駄目なんだろう・・」と思い込んでし
まっています。
そうじゃなく、失敗は『上手くいかないやり方を学んだ』とも言えるんです。
こう考えていくと自分に対する嫌悪感も少なくできますよ。

そしてkaoriさんが書かれていることを引用すれば、
『そっけない態度を取った結果、相手の男性が去っていく』のなら違うやり方をやってみみよう、と意欲を持ってみましょう。

例えば、今までだったら私が感じている自信がない気持ちや
恐がっている気持ちに意識を向けてしまっていましたが、次からは相手の好意をちゃんと受け取ってみよう、と心がけてみる。
また同じ後悔をするのなら、初めから思い切って自分をさらけ出してみよう、と勇気を持ってみる。

それでも勇気が持てない・・と感じてしまうと思うんです。だってやっぱり恐いですもんね。
そんな時は「私は自分の欲しいものを手に入れたい!」
「恋愛を楽しめるようになりたい!」その気持ちをもっと大切にしてあげて欲し
いんですね。

kaoriさんに好意を抱いてくれている人が目の前にいる。
そんな風に思ってくれることはとても嬉しいはず。
相手に対してはまだ素直にはなれなくても、自分が感じる嬉しい気持ちに
素直になることはできると思うんですね。顔が自然にほころんでくるような、そ
んなふわっとした感覚は居心地がいいものですから、相手に対する好意も自然に湧き出てきやすくなります。
そんな感覚を持ちながら、相手と繋がってみよう、と目標を持ってみて下さいね。

ほんのちょっとの勇気がkaoriさんの一歩になりますよ。
kaoriさんが素敵な恋愛を楽しめるように応援していますね。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac