心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問セックスしたくないです。
過去にもしかしたら同じような相談があったかもしれませんが、私の話を聞いてください。

去年の12月に結婚しまだ1ヶ月ぐらいしか、経たないのですがセックスがしたくなくて仕方がありません。でも、彼(24歳)はまったく私の意見は聞いてくれず、1日おきにはしています。

恋愛中からセックスに関して抵抗がありました。プロポーズを受けたときも嬉しかったのですが、セックスのことを考えると嫌で結婚するのも躊躇しました。
  でも、私自身彼のことが好きだし、結婚すればセックスにも抵抗がなくなるだろうと思って結婚したんですが、やはり駄目でした。断りたいけど断れない。

彼は凄くやりたがるし、私が嫌なのを知りながら我慢できないと言って強引にやろうとします。そんな生活が苦痛でたまりません。離婚を考えています。やりたくないってハッキリ言っても彼は理解してくれません。やらないことで彼を苦しませてしまうことも分かるし、ただただ、毎日が苦しいです。

セックスを抵抗なくするにはどうすればいいんですか?私は彼に対して愛情がないんでしょうか?結婚したらいけなかったのでしょう?

教え てください。
自分じゃもう考えられません。。。
まゆみさん

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
まゆみさん、こんにちわ。根本です。
ご相談ありがとうございました。

まゆみさんにとっては二つの大きな問題を感じていらっしゃるようですね。
一つ目はセックスがしたくない、ということ。
もう一つは、ご主人がまゆみさんの気持ちに理解を示そうとしないこと。

離婚まで考えてしまう背景には、この二つ目の問題が大きく影響して
いるのではないかな?と思いました。
もしセックスが苦手でも、ご主人の理解が得られたとしたら、
前向きなチャレンジも可能になりますよね。
その時は「もっと幸せを感じたいから、セックスが嫌な気持ちを克服したい」
というご相談になるんじゃないかと思うんです。

でも、セックスをしたくない気持ちをご主人はまったく無視するかのように
求められ、まゆみさんもそれに答えてしまったとすれば、セックスをするたびに
ご主人への不信感や不満が募り、セックスへの嫌悪感も高まってしまうと思うのです。

ところが、その一方で、求めてくるご主人に答えてしまうまゆみさんにも
「彼の気持ちを考えれば・・・」という気持ちがあるみたいですね。
それで拒みきれないところもあるのかもしれません。

それはまるで「彼が苦しむ姿を見るよりも、私が苦しい方がいい」という
選択をされてしまうようにもお見受けします。
これはきっとまゆみさんの愛情や優しさが作り出すものでもあり、
また、何らかの恐怖心や義務感が影響しているものかと思うんですが、
でも、すごい犠牲になってしまいますよね。

抱かれているときの自分が、まるで娼婦のような、あるいは、
レイプされているような感覚を持つことも少なく無いのでは
ないでしょうか?

それは本当に苦しいことですよね。

たぶん、ご主人にとっても、セックスに抵抗がある、という気持ちが
理解できないのかもしれません。
それは彼自身がセックスが好きな分だけ大きくなります。
誰でもそうですが、自分が大好きなものがあるとしたら、
他の人もきっと自分と同じくらい大好きなんだろう、と思うものなんです。
(これを心理学用語で「投影」といいます)

だから、ご主人にしてみれば「こんなにいいものを拒むわけがない」と
いう気持ちもあるのかもしれませんね。

ただ、あまりに拒絶するまゆみさんの意見に耳を貸さないとしたら、
それはセックスに関するものだけなのかな?という疑問も出てくるんです。

セックスというのは、お互いの関係を如実に表す鏡のようなものです。
だから、他のところでも、まゆみさんの意見を聞いてもらえない部分も
少なからず出てくるのではないかな?と思うんです。

むしろ、そうした知らず知らずのうちに溜めてきた不満から、
セックスに抵抗を感じてしまう例も少なくないくらいです。
だって、むかついている相手と寝たいと思う人ってあまりいないですよね。

でも、まゆみさんが彼に対して持っている不満や怒りを我慢して、
感じないようにしているとしたら、こういう形で問題が出てくると
思うんです。
ですから、彼に対してどんなネガティブな感情を以前から持っているのかを
見ていくのも、一つの解決策になるのではないでしょうか。

また、その逆に、まゆみさんがセックスにおいてそれだけ犠牲を強いられると
したら、その一方で、ご主人に対してまゆみさんがとても犠牲を強いてしまっているところは無いかもチェックしてみられると良いでしょう。
もちろん、まゆみさんとしてはその自覚はないのかもしれません。
彼がセックスにおいて、まゆみさんを傷つけていることに自覚がないのと
同じように。

ですから、これを機に二人の関係性も見つめなおしてみては
いかがでしょうか。

さて、彼に自分の気持ちを伝える方法なのですが、もし、どれだけ一生懸命
言っても聞いてもらえない場合には、第三者を間に入れる方が良いケースが
多々あります。
(そういう目的でカップルでカウンセリングに来られる方も多いんです)

お互いに信頼できる友人や家族などに助けを求めてみることを
お勧めしたいんです。

まゆみさんにとっては夫婦のこれからに通じる大切なことですから、
恥ずかしかったり、少々惨めな感じもするかもしれませんが、
ぜひ、勇気を持って欲しいな、と思うんです。

また、セックスにとても抵抗を感じてしまう、という部分ですが、
以前からその気持ちがあったということは、何らかの性的なトラウマが
心の中に眠っているのかもしれませんね。
もちろん、みんながセックスが大好き!というわけではありませんが、
まゆみさんも苦しんでいらっしゃるように、セックスができないことは
夫婦の関係性をいい方向に持っていくとは言えない部分があります。

まゆみさんにとって、セックスとは何か?どうして嫌なんだろう?
セックスの何がそんなに嫌なんだろう?という部分を自分なりに
考えてみましょう。
過去に性的に嫌な思いをしたことがあったり、
あるいは初めてセックスしたときにすごくショックだったりした経験が
そうした抵抗を強めていることはとても多いんです。
(自分ではそういう自覚が無いにもかかわらず・・・)

この点はとても繊細な問題ですので、なかなか人にいいにくい部分も
あろうかと思うのですが、誰かに相談しながら、あるいは、
カウンセリングを使いながらでも、少しずつ自分を知る機会に
していただければな・・・と思っています。

ありがとうございました。

根本裕幸


初回無料カウンセリング

<こちらも参考にしてください>
カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座 セックスレス






無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac