心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問顔が真っ赤になってしまいます
とても悩んでいます。助けて下さい。お酒を飲んでいるみたいに顔が真っ赤になってしまいます。室内が暑くなくても、”人に見られていると思う”と心の中で”真っ赤になってしまう”と思ってしまうのです。そうなると顔が”ぽっぽ”して前が見れない状態位、顔が”ぽっぽ”しまいます。今までこの事が有り転職して来ました。
顔が”ぽっぽ”している時に男性が自分の前に座ると”恥ずかしい、見られている”とまた思い、好きでもないのに真っ赤になってしまいます。人生変えたいです。お願いします。
一美さん

回答 カウンセラー: 多田陽香
一美さん こんにちわ。カウンセラーの多田です。

顔が真っ赤になってしまう・・・というお悩みですね。一美さんが書いてくれているように、これは「人から見られている」という自意識に関係しています。

私たちがこの「自意識」というものに最初に直面するのは思春期がはじまった頃なんですね。格好もな~んにも気にせず一生懸命トンボを追いかけていた子供時代とは打って変わって、私たちの体が変化して「個性」が発達する時期を迎えると・・・

「私太りすぎ(痩せすぎ)かしら・・・?」とか
「私みんなより胸が小さ(大き)すぎじゃないかしら・・・?」とか
「恥」の感覚が強くなっていきます。

この恥ずかしさの感覚が大人になっても残っているということは、自分が目立つことへの怖れがあったり自分は変わっているんじゃないかな?という個性への抵抗があったりします。

この「自分はヘンなんじゃないかな?」という感覚は自分は独りぼっちで誰にもわかってもらえない・・という分離感がある為なんです。

この分離感を癒していくと、顔が真っ赤になって火照るということはなくなります。この分離感を癒す最大の武器はパートナーシップです。

パートナーシップの最大の贈り物は、お互いの自己嫌悪を受け入れ、許しあうことで自分も許されるという事です。男性に対する怖れがあるならフレンドシップでもOKです。自分の一番恥ずかしい部分を、誰かに愛させるということが鍵になります。

自分を曝け出すことが「怖いよ」と素直に伝えることができたとき、一美さんのハートが開いて柔らかくなり、「みんなにヘンな目で見られてないかな・・・?」という緊張感から、「みんなが見守って、私を応援してくれてるんだわ」という安堵感に変わっていくでしょう。

そしてその事が感じられたとき、一美さんの豊かな感性が、「自分を責めるもの」ではなく、誰かを安心させてあげる癒しのエネルギーを創ったり、音楽や絵画、お料理・・・などの五感を使った才能として人生が充実した豊かなものになるでしょう。

その「ぽっぽ」するエネルギーは、本来、人を元気にするエネルギーなのですから。。

一美さんが心から安心できる日がやってきますように・・・

ご相談ありがとうございました。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac