心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問 自分の気持ちが分かりません
職場に気になる人がいます。人間的にはその人のことが大好きです。でも、あまりにも飾らない人なのでお付き合いするとなるとちょっと・・と思う点もあります。何人かで飲みに行くことはよくあり、話していてもとても楽しいので、食事に誘ってみようかと思うこともあるのですが、自分がこの人を男性として本当に好きなのか分からないので迷っています。

もしうまく行ったとして、付き合い始めてから恋愛感情ではなかったというのでは相手に失礼ですし・・。でも、話していると本当に楽しく、最近では家にいるときもその人のことを考えてしまいます。
年令は相手のほうが10歳上で、今彼女はいないようです。
2人で会ってみれば、また違った見方ができるかもしれないとも思うのですが、こんな中途半端な気持ちの状態で、食事に誘ってみたりしてよいものでしょうか。

みよこさん

回答 カウンセラー: 原裕輝
こんにちは、みよこさん。原といいます。ご相談ありがとうございます。

> 職場に気になる人がいます。人間的にはその人のことが大好きです。
> でも、あまりにも飾らない人なのでお付き合いするとなるとちょっと
> ・・と思う点もあります。何人かで飲みに行くことはよくあり、話し
> ていてもとても楽しいので、食事に誘ってみようかと思うこともある
> のですが、自分がこの人を男性として本当に好きなのか分からないの
> で迷っています。

人としては好きなんだけど・・・
男性としてはどうなんだろう・・・
好きかもしれないけど本当にそうなんだろうか・・・
といった微妙なところでしょうか?
それとも、まったく自分がどう感じているかが分からない感じでしょうか?今は自分の感情が上手く読み取れない状態のようですね。

恋愛から長らく離れていると、本当に好きなのかどうかという自分の感情が良くわからないということが多いようですが、彼はみよこさんにとって久しぶりの恋愛になられるんでしょうか?
(まだ、恋とは分かりませんが・・・)

恋愛から離れていなくても自分の気持ちがよくわからないということは多々あります。
抑圧的なパターンがあれば自分の感情を癖のように押さえ込んでしまうので自分の感情が分かりにくいということが起こりがちなります。

失恋などの経験から、次の恋に向かう恐れを作ってしまい自分が恋しているのかどうかがわからないという場合もあります。恐れの心理が恋しているということを感じるブロックになってしまうんですね。

理由ははっきり分かりませんが、なんらかの原因で自分の感情を上手く読み取れないのかもしれませんね。
自分の感情を上手く読み取れなくしている原因をなくしていかれるのも、大切かもしれませんね。

>
> もしうまく行ったとして、付き合い始めてから恋愛感情ではなかった
> というのでは相手に失礼ですし・・。でも、話していると本当に楽し
> く、最近では家にいるときもその人のことを考えてしまいます。


お家でいる時もとなると四六時中彼のことを考えてられるのですね。男性として好きなのかは、はっきりわからないのですが、すごく気になられているのは確かなようですね。

彼のことは気にはなるんだけど、みよこさんの恋するハートが反応していない感じなのでしょうか?
恋するハートは反応しているんだけど、なにかがブロックしてどう反応しているのか分からない感じでしょうか?
一般的にはこのブロックになるものが、恐れだったり、痛みや傷といたものが多いようです。


> 年令は相手のほうが10歳上で、今彼女はいないようです。
> 2人で会ってみれば、また違った見方ができるかもしれないとも思う
> のですが、こんな中途半端な気持ちの状態で、食事に誘ってみたりし
> てよいものでしょうか。


僕は誘ってみても良いと思うんですね。女性からお食事に誘われるのは男性として嬉しいことですし、お食事に誘われたということと、それと付き合うということはまた別物ですから誘われてもいいかと思います。

彼にとっては食事に誘われるのは全然問題が無いと思うのですが、みよこさん的に恋しているのか恋していないかはっきり分かった状態じゃないと気持ち悪いという気持ちや、恋じゃなかった時に彼に勘違いされたら嫌だなという心理が邪魔をしていることはないでしょうか?

ちょと、チェックしてみてくださいね。
これは、恐れなの心理なのですが、一般的に恋愛にはこういう恐れの心理がつき物でいろんな理由を作って前に進まないようにしていることがあります。
この恐れは心の深いところに潜ってしまい、意識しにくいことが多いようです。恐れがあるんだなと気づくことができれば、それだけでも状況を前に進めていきやすですから、恐れがあるかないかチェックされてみるといいんじゃないかなぁと思います。

みよこさんがおっしゃるとおり、2人で会ってみれば、また違った見方ができるかもしれないですね。今までよりも、より近くで彼を感じれますから、みよこさんの恋するハートが反応しているかチェックするのにいい機会かもしれませんね。

例え今はみよこさんの恋するハートが反応していないかったとしても、お食事がきっかけで彼のことを男性として好きになっていくかもしれませんし、逆に彼の恋するハートが開くきっかけになるかもしれませんよ。勇気をだされた分、状況面や、心情面に、なんらかの変化や、進展があるんじゃないかと思います。

頑張ってくださいね。
応援しています。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac