心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問心を開くとはどういうことでしょうか
昨日彼に別れを切り出されました。これ以上付き合ってても何もないだろうって。彼とは去年の4月から付き合ってますが、その頃から私に「何でも話せ」と言ってました。ただ私はもともとあまり自分のことを話さないというより話せないのです。心を開くということがどういうことか分からず友達もいません。私なりに彼に心を開いていたつもりなのです。また彼に心配させたくないことについても落ち着くまでは話しませんでした。それが彼にとっては自分の存在価値がないことと受け取ってしまったのです。それが積み重なったようで今回のことになりました。もう彼は以前の彼ではありません。誰も信じられなくなったと言います。心を開くとはどういうことでしょうか。何でも話すとはどういうことでしょうか。何も分からなくなりました。彼はこれからも電話をしたり会ったりする努力はすると言いますが、どのようにして彼と向かい合えばいいのか。アドバイスをお願いします。
異人館

回答 カウンセラー: 原裕輝
こんにちは、異人館さん原といいます。
よろしくお願いします。

お別れを切り出されて、今後も付き合っていくか、別れるかの微妙な時期のようですね。
不安になったり、彼の気持ちを知りたくなったり、悲しくなったりと気持ちも不安定になってしまうんではないでしょうか?
気持ちが不安定な時は、安心だとか、心地よいという状態気持ちとはかけ離れている状態ですから、しんどいと思います。
大丈夫ですか?ご無理はされてませんか?

私なりに彼に心を開いていたつもりなのです。また彼に心配させたくないことについても落ち着くまでは話しませんでした。それが彼にとっては自分の存在価値がないことと受け取ってしまったのです。

異人館さんの彼への遠慮や気遣いが、彼にとっては自分の存在価値がないように受け取ることになってしまったんですね。
彼への思いやりの心が遠慮や、気遣いをさせたと思います。
異人館さんのやさしさの部分ですね。
でも、少し遠慮しすぎたのかもしれませんね。
彼にとっては、彼女が自分に心を閉ざしているように感じたり、彼女から頼られていない感じがしたして、寂しさを感じていたのかもしれませんね。

頼るとか、相談するとか、甘えるとか、自分のいいたいことをいうとか、自分が抱えている物を彼に一緒に持ってもらうことだとか、彼に支えてもらうことだとかの分野は、異人館さんにとっては、まるで彼に迷惑をかけてしまうように感じるのではないでしょうか?
そして、迷惑をかえることがすごく悪いことのように感じるこのではないでしょうか?
自立のマインドを持っていると、迷惑をかけるということが悪いことのように感じるので、一人で何とかしようとしてしまいます。
自立というの成長プロセスの中で大切なことなんですが、パートナーシップでは、一人でなんとかするだけではなく、パートナーと○○ということも大切になってきます。
○○の中には、助け合うとか、支えあうとか、考えるとかいろんな言葉がはいってきます。

男性は女性から頼りにされるということが好きな傾向がありますから、もっともっと彼を頼りにしてもいいと思いますよ。
頼りにされると彼も嬉しいと思いますよ。

心を開くとはどういうことでしょうか。何でも話すとはどういうことでしょうか。何も分からなくなりました。

いっぱい、いっぱいになっている感じが伝わってきます。
彼の気持ちに答えようといっぱい、いっぱいになられるまで考えたり、頑張られたんですね。

オープンさに関してですが、彼に対して心が閉じているときは、自分の気持ちを彼に伝えることができなかったり、彼の気持ちを受け取れなかったり、彼の心の中にもう一歩踏み込んむことができなかったり、逆に彼が自分の心に入ってくるのを「これ以上ははいってこないで」と防衛したりしてしまいます。
そうすると、彼との間に心理的距離ができますから、親密感が薄れてしまうんですね。
人によると、隠し事がある感じや隠されている感じを感じる人もいます、彼もそのタイプかも知れませんね。


彼にとっては、異人館さんがどんな気持ちでいるのか、異人館さんにとって自分はどんな存在であったのかが遠慮という壁が邪魔となってしまい見えにくかったと思うんですね。
自分の気持ちや、異人館さんが彼にとってどんな存在であるかについてのコミュニケーションを増やしていかれるといいと思います。

自分の気持ちを伝えていくことは、感情レベルのコミュニケーションとなってきます。
感情レベルのコミュニケーションは、まずは、嬉しい、楽しい、悲しい、寂しいといった自分が感じていることについてのコミュニケーションと、~したい、~欲しい、~したくない、~欲しくないなどの自分の欲求や要求に関してのコミュニケーション、この2種類から始められると取り組みやすいんじゃないかと思います。

普段のなれているコミュニケーション以外のやり方ですから、なれるまでちょっと練習がいるかもしれませんが、これをすることで彼に気持ちを解ってもらえやすいでしょうし、気持ちを伝えられるから彼にとっても異人館さんにオープンさを感じやすいと思います。
チャレンジしてみてくださいね。

感情レベルのコミュニケーションになれてきたら、自分の遠慮するパターンや、我慢してしまうパターンや、気遣いしてしまうパターン、自分の内面を隠したいところなどがないかチェックしてみて、“やりすぎてしまう”ようでしたら(例えば、遠慮しすぎてしまう)少しやり過ぎないないような自分になっていくというのを次の課題としていくといいんじゃないかと思います。
これができてくると彼との間にある心理的な壁が少なくなっていけると思います。
壁が少なくなっていくと彼にとっては、心がより開放されているように感じると思います。


彼と気持ちが通じ合って上手くやっていけるといいですね。
頑張ってください。
応援しています。

                       原 裕輝


初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac