心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問女性の心理がわかりません?
私を好きな女性がいるのですが好きと告白してきたり、付合ってはいないのですが、無言電話を非通知でしてきたりするのですが、6月に私もその女性が好きなのでメールで「あなたのことが好きです。」と打ち明けたのですが、それからメールしても音沙汰が無くなってしまって、嫌われてしまったのでしょうか。と思って相談したのですが・・・。

メールは来ないのですが、無言電話は8月にもあって2ヶ月おきにかかって来ます。その女性の心理がいまいちわからないでいます。

嫌いになったのでしょうか、それとも恥ずかしいのでしょうか、ただその女性との関係は、私が美容師なので女性がお客さんという関係なのですが。

つんさん

回答 カウンセラー: 源河はるみ(退会)
つんさん、こんにちは。ご相談ありがとうございます。
はじめまして、源河です。

この女性と、つんさんとの関係は、”近すぎて見えない”というよりは、”遠すぎて見えない”という感じですね。わかりづらくても不思議ではないと思います。つんさんは、彼女のどういった態度や反応を見て、自分のことを好きなんだと判断されたんでしょうか?非通知の無言電話が彼女からのものだと、つんさんには、なにか確信めいた感覚のようなものが、あったのかもしれませんね。

まずは、その電話の主が仮につんさんが好きな彼女だったとして、お話しさせていただきますね。
つんさんは美容師さんだということですが、お客としてお知り合いになったとしたら女性側から見ると、
「この人のことを好きな人って、たくさんいるんだろうなぁ・・・」
「どうせ、私なんて”客の中のひとり”にしか見てくれていないんだろうな・・・」
「どうせ”好き”って言ってくれたとしても、きっとみんなに言ってるんだわ・・・」
「どうせ・・・」
と、自信のなさに苛まれて諦めモードになります。

これは、その電話が”無言電話”だということからなんですが、もしそういう状態だったとしたら、そう簡単にはお互いの距離は縮まらないかもしれませんね。

どうしてかというと、女性はつんさんが好きだから電話をかけるんですが、”なんとか関係を持ちたい”という気持ちではなく、”なんとかならないから、いっそ嫌われたい”という無意識的な気持ちがあるから、無言電話なんです。もしくは、「私は大勢の中のひとり」と信じきってしまっているときです。

まさか、つんさんも同じ気持ちでいてくれているとは、思いもしないので、もしそうだったとしても、どうしていいのか全くわからない状態なんだと思うんですね。

そういった場合には、つんさんにより良い関係を持ちたい気持があること、もっとお近づきになりたい気持ちがあること、そしてなによりも、その気持ちをその女性だけに感じていることなどを、はっきりと明確に、具体的に、彼女に伝えてあげる事です。そうして彼女が安心してくれれば、可能性はアップしますよね。

つんさんがその女性をとても好きなことが伝わってきますが、同時に、つんさんの中の”自信のなさ”もとても伝わってきます。私たちは、自分の心の中のそういった悲観してしまうところに陥ってしまっていると、相手もそうであることを見落としてしまうんです。

ご相談くださった状況でいうと、彼女もまた自信がないんだ、という部分を見落としてしまうということですね。ここでよく私たちは、「どうせ無理だよ・・・」と自分に言い聞かせる事で、自ら可能性を捨ててしまうんです。そうすれば良くもならないのと同時に、傷つかなくても済むからですね。

でも、こうしてご相談くださるほど、つんさんにとってこのことが問題になるということは、悲観してしまう気持ちよりも、彼女のことが好きだという気持ちが、大きいからだと思うんです。そうでなければ悩みませんよね。

彼女に対して、自分の気持ちを伝える前に、”伝わる距離まで、近づく”必要があります。

相手の顔もろくに見えない距離で「好きです~」と叫んでも、「え~?なに~?」と返ってきてしまうような感じだと思うんですね、現状では。お互いの間の様々な誤解や、相手に対する思い込みが、まるで蜃気楼のように”本当の相手”を歪ませてしまいます。その距離を縮めるために、まずは、「彼女のことをもっと知りたい!」という気持ちを持ってみてください。

そうしてお互いにはっきりと顔が見えるところで、お互いの色んな側面を知るようになってからでも、関係を持とうとするのは遅くはありません。

きちんとした形で、失礼の無いように食事に誘ってみる、お店に来てくれたときに、そっと手紙を渡してみる、たくさんのコミュニケーション方法はあると思いますが、ちゃんとお話ができる状況で、相手の真意を確かめるまでは、すべてが憶測にしか過ぎません。

ただ言えるのは、ひとつひとつの不安を乗り越えて、相手に近づこうとしてみたときに、はじめて自信が出てくる事、そして何よりも、そうしてはじめて気持ちが伝わるということです。

素敵な恋をしてくださいね。
応援しています。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac