心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問他人が怖くて、自分のことがどうしても話せない・・・
はじめまして。過去ログを拝見させていただき、私も何かアドバイス、ヒントを頂けたらと思い相談してみようと思いました。

私の悩みは、自分のことがどうしても話せない、ということです。きっと、私は今まで生きてきた23年間に何もなかった、と自分で思っているからだと思います。

実際、私には今も昔も自分が何をしたいのか分からないで生きている、というのが常だと思います。本能的な欲求はありますが、例えば自分がどういう人と友達になりたいのか、どういう人と合うのかさえ分からなくて、私は男女問わず性欲の対象でしか選んでないんじゃないのかとか、考えてしまって、また分からなくなるというものです。

だから、人にも「なにがしたいの?」とか「普段どんな生活してるのか見えないよね」といわれたりします。他人に合わせるなかれ!と分かっていてもそれをどうしたらいいのか分からないのでまた考えてしまいます。

私はきっと見た目は派手に見えてしまうらしいのですが、すごい真面目で頭でっかちな人間だと思います。恋愛も、本当に好きになった人とは今だSEXはできてもどうやって交際していいのか想像できないといった感じです。

他人が恐くて、私に近づいてくる友人は私をただ面白がっている、利用しているとしか思えません。それでも、所詮は他人だしそれくらい巧みで面白がるのが人間関係だよね、と思うので全て自分が悪いと思います。普段もよく呼吸がすごく浅くなることもしばしばで、悩んで心療科に行った事もありますが、神経症的な鬱と診断され、薬を処方されただけで納得・解決には至ってないと思います。

長く、支離滅裂になってしまいましたが、何か言っていただけましたら幸いです。

まりこさん

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
まりこさん、こんにちわ。根本と申します。
ご相談ありがとうございました。

心が堅い甲羅で覆われてしまっているような感じかもしれませんね。意識はその甲羅の外側にあるので、自分でもなかなか自分自身の心の中に入れないし、心の中で何が起きているのかも分からない、という状況をなのかもしれません。

それがきっと「23年間何も無かった」「どうしたいのか分からない」という気持ちに現れてきているのでしょうし、周りの人から「普段の生活が見えないよね」とか「何を考えてるのか分からない」という言い方をされることもあるかもしれません。

恋愛はもちろん、対人関係(特に女性同士の関係ならばなおさら)も、心でするものですね。心で感じるもので、理屈やルールが当てはまるものでもありませんね。
もしその心が甲羅に覆われてしまっているとしたら、肉体的な繋がり(セックスとか)はOKでも、心の繋がり(愛情や信頼、絆)が何なのかが分からず、???マークがたくさんついてしまうでしょう。もちろん、どうしていいのかなんて見当もつかないかもしれません。

カウンセリングの経験からも、自分の心と上手に対話できる人ほど対人関係が円滑に行くことが分かってきました。自然に人が集まってくるような人、みんなの人気者になる人は、そんな魅力ももちろんだけど、心がオープンで、自分の状態や気持ちをよく話してくれる方に多いようですね。

ですから、まりこさんにとっての一つ目の目標として、自分の心と対話していくのはいかがでしょうか?

「心と対話するって何?ん?そんなんできるんかいな」と思われるかもしれませんけど(笑)

例えば、今どんな気持ちなんだろう?って思ってみることも対話の始まりです。始めは「・・・・・」という感じかもしれません。そういうときは「ああ、今の私は何も感じられないんだなあ」とだけ思って下さい。そのことをあれこれ考えたり、辞めてしまったりはなるべくしないようにしてみましょう。

そうしていると「何も感じられないのかあ・・・。はぁー」とため息が出てくるかもしれないし、「何で感じられへんねやろ」とイライラしたり、逆に惨めになるかもしれません。で、そのときの「イライラ」や「惨めさ」が心の返事なんですね。「そっか、あたしイライラしてんねや」と気付いたら、交信が成功したと思っていいでしょう。

これは今の自分の気持ちに素直になる練習にもなりますから、おすすめです。

僕たちが行動するときは、この感情が車でいうエンジンやガソリンのような働きを示すので、心との対話や繋がりを取り戻して行くことができればできるほど、地に足がついて、余裕が出てくるようになります。そこでは、ほっとするような感覚に出会ったり、情らしきものを感じられるようになる場合も多いようです。

でも、なぜ、そんな甲羅が出来てしまったんでしょうね・・・。
その答えもその甲羅の内側にあるものです。
カギとなるのは「怖い」という感情ではないかなって僕は思います。

怖いときって寒気がするでしょう?寒いときはぶるぶる震えたり、きゅっと体をすぼめます。服を着込んで寒さから身を守ろうとします。恐れがあるときも同じようなもので、心がきゅっと固まってしまったり、何かから心を守るために防衛をしたりします。その防衛の役割をするのが甲羅なんです。実際に目に見えるわけではないので、甲羅のほかにもバリアとか氷とか壁とか色んな表現を使いますけどね。

そして、甲羅が防いでくれるものは痛みですね。
甲羅があれば、外からの攻撃を防いでくれます。

心を閉ざしてしまっている赤ちゃんっていませんよね。だから、成長して行く段階で、何か強い痛みを感じることがまりこさんの身の回りにたくさんあったのかもしれません。大人の思いから見ると何でもないことでも、子ども達にとってはとても恐怖を覚えることもたくさんあります。

例えば、両親がケンカをしているのはすごく恐怖を覚えます。1人で家に残されているのはもちろん怖いことですが、家族と少しでも離れてしまうだけで、強い恐れを感じるものです。それは1人では生きていけないことを表しているのかもしれません。

もちろん、親や周りの人から言葉の暴力や実際に殴られたりしても、心に恐れと痛みを持ちます。特に子ども達にとって、両親は神様のような存在ですから、もし両親が自分に危害を加えたり、両親がケンカしたりしていたとしても、自分が悪いだって感じてしまうものなんですね。

そんな経験が続いていたとしたら、自分を守るために幼い時期から精神的に自立し、心を守るために甲羅を身につけ、いつ傷つけてくるか分からない他人からも一定の距離を保たざるを得なくなります。これは自然な心の動きによるものなので、自分でもあまり意識はしないことの方が多いようです。

ですから、まりこさんがまだ小さい頃~思春期くらいまでの人生を一度振り返って見られると今の状況を生み出すヒントが隠れているんじゃないかな?って思います。

そんな風に今の自分の心や過去の自分自身のことなど、「私」を考える時間を増やしてみるのがいいんじゃないかな?って思います。頂いたご相談からそんな問いをいくつか投げさせていただきますね。

> 私の悩みは、自分のことがどうしても話せない、ということです。きっと、私は今まで生きてきた23年間に何もなかった、と自分で思っているからだと思います。

何も無かった・・・と思うとどんな気持ちがするでしょうか。寂しかったり、惨めだったり、虚しかったり、そんな気持ちが出てくるかもしれませんね。

>実際、私には今も昔も自分が何をしたいのか分からないで生きている,というのが常だと思います。

そんな自分をどんな風に見ていらっしゃいますか?情けないなあ、という感じでしょうか。それとも、かわいそうだなあ、という感じでしょうか。あるいは何とも感じませんか?

>私はきっと見た目は派手に見えてしまうらしいのですが、すごい真面目で頭でっかちな人間だと思います。恋愛も、本当に好きになった人とは今だSEXはできてもどうやって交際していいのか想像できないといった感じです。

まりこさん自身、強い葛藤があるような感じですね。自分で思う自分と周りが思う自分とのギャップを強く感じていらっしゃるのかもしれません。

恋愛にしても、セックスは出来てもどう付き合って行ったらいいのか分からないとしたら寂しいんじゃないかな?って感じます。ちょっと自立した男性的な恋をしてるのかもしれませんね。

でも、そこに疑問を持ったり、悩みがあるということは、それを変えていけることを表していますね。

>他人が恐くて、私に近づいてくる友人は私をただ面白がっている、利用しているとしか思えません。

それもまた寂しいような気がしますね。人を遠ざけたり、過剰に気を使ってしまったり、強がってしまったり、無理をされていることも多いんじゃないでしょうか?

心をマッサージしてほぐしてあげたいですね。

人が怖いって感じたのはいつ頃だったからなのかも、ちょっと思い返してみましょう。

>普段もよく呼吸がすごく浅くなることもしばしばで、悩んで心療科に行った事もありますが、神経症的な鬱と診断され、薬を処方されただけで納得・解決には至ってないと思います。

呼吸が浅くなるというのは、恐れや不安が強いときによく出てくると思います。恐れと不安は緊張を作りますし、喉がきゅーっとすぼまるので、呼吸が浅くなりますね。もちろん、意識的に不安があるときは分かりやすくていいのですが、無意識的なものの場合だと、自分が知らないうちに失神していたりすることもあるのでお気をつけ下さい。

この点も含めて、心と対話していくことで、感情というガソリンが体の中をめぐるようになりますから、少しずつでも解消されていくのではないかな?と思います。

体のこともありますから、自分のことをできる範囲で大切にしてあげてくださいね。また機会があればお話しましょう。

ありがとうございました。

根本裕幸


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac