心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問どれだけ愛されても足りない
はじめまして。つららと申します。30歳独身女性です。

私の悩みは、どれだけ愛されても足りないことです。今もお付き合いし
ている人がいて、周りがうらやましがるほど大切にされいるのに、まだ
足りません。他の人からアプローチされると、つい期待を持たせるよう
な言動を取ってしまいます。期待が高まれば、相手はさらにアプローチ
をしてきます。さんざん期待させておいて、断ってしまいます。

こんな自分が嫌です。相手が軽くアプローチをしてきたときに、そっけ
なくすれば、相手の傷も浅くて済むのがわかっているのにできません。
相手から「好きです」や「付き合ってください」といわれたときに、も
のすごい喜びを感じます。でも、断って傷ついた顔を見ると、ものすご
い自己嫌悪に陥ります。

私が相手に求めてしまうのは、両親からもらえなかった愛情なのかもし
れません。父はいつも仕事で不在、父の愛情は子供の私にはうまく伝わ
りませんでした。母は古い考えの家に何も知らずに嫁いできて「嫁」と
いうことで虐げられました。母のストレスのはけ口は「跡取り」として
祖父母から可愛がられる私に向かいました。

今なら、父のことも母のこともわかるし、わたしに対する愛情がなかっ
たわけではないと、頭では理解しているのですが、子供の頃の愛情がほ
しかった自分の感情がうまく処理できていないような気がします。

彼から、両親から受け取りたかった愛情のすべてを受け取ろうとするの
は無理だと思います。そんなことを要求したら、彼はつぶれてしまうで
しょう。
仮に、私が「自分が欲しがるだけの愛情の量」を相手に求められたら仕
事すら満足にできなくなってしまいます。それがわかるので、ある程度
でセーブしないといけないと思っています。

その分、ほかで確認してしまうのでしょうか?

私は、子供の頃から、周りに「すごく優しい人」と言われてきました。
今でもそう言われています。でも、アプローチしてくる男性に対しては
決してそうではないのです。
計算ずくで徐々に期待感をあおっていき、突き落とすようなことをして
います。私は自分のこのサディスティックな感情をどうにかしたいので
す。人の感情をコントロールしたい、支配したいという欲望が強すぎて
そのために時間と労力を割く自分がすごく無駄なことをしているような
気がします。

結局、自分の「相手を支配したい」という感情が消えない限り、誰と付
き合っても物足りなくて、同じようなことを繰り返す気がします。自分
の言うことを聞いてくれる人なら誰でもいいような気がします。
「どうしてもこの人」という気持ちを持たない限り、ずっと同じことを
繰り返していく気がして、むなしく感じます。

この先、どうしたらいいのかわかりません。

うまく文章がまとまらなくて申し訳ありませんが、よろしくお願いいた
します。

あきさん

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
つららさん、こんにちわ。根本です。ご相談ありがとうございました。
頂いたメールの中に「すごく優しい人と言われて」とありました。とて
もすばらしいことですね。そして、おそらくそれはつららさんの長所の
ひとつとして胸を張って生きて良いことだと思います。でも、敢えてそ
こを考えてみましょう。もしつららさんが、そう人に思われなければい
けなかった、としたら何か理由が思いつくでしょうか?

可能性のひとつとして捉えていただければ幸いなのですが、僕達がよく
採る行動のひとつに「補償行為」というものがあります。読んで字の如
し、補う、償う行為のこと。

例えば「あたしは冷たい女。そんな女は誰一人に愛されない」と思って
いたとしましょう。そうすると誰かに愛されたいときには、その冷たい
部分を封印しなければいけないと思います。冷たいのが駄目だとしたら
、暖かく人に接しようとします。めっちゃ冷たいと思っていたら、めっ
ちゃ暖かい人になろうとします。

これは必ずしも悪いことではなく、人に大切に思われたいために、ある
いは相手の人を尊重するためにすることですから、素敵なことでもあり
ます。
でも、無理に暖かさを作り出している分だけ「うそをついてしまった」
とか「本当の私を知ったらこの人は離れていくに違いない」という思い
を強く感じてしまうでしょうし、仮にそんな自分を愛してくれる人がい
たとしても、「この人が愛しているのは本当の私ではない」と愛情を受
け取れなくなってしまいます。

やってること自体は間違っていないのに、結果として、欲しいもの(愛
情)を遠ざけてしまうんですね。で、残るのはいやな感じとやっぱり何
も変わってない自分、だったりします。これが補償行為の罠です。

要はバランスなのですが、やりすぎは禁物。僕達の心には冷たい部分も
あれば、必ず暖かいとこともあります。光と影のようにね。

でも、そこで「自分は冷たい」と思ってしまったとしたらきっと暖かさ
を持っている以上に作り出さねばいけない、と感じてしまうでしょう。
これはとてもしんどいことですし、不自然なことかもしれません。

つららさんにとって、愛されても足りないという言葉から、すべてでは
無いにせよ、そんな補償行為的な部分があるのかな?と感じました。

> 私の悩みは、どれだけ愛されても足りないことです。
> 今もお付き合いしている人がいて、周りがうらやましがるほど大切に
> されいるのに、まだ足りません。

そう感じてしまうとしたら・・・僕は本当に欲しい愛情を手に入れてな
いんじゃないかな?と思ってしまいます。

本当に欲しいもの。これは探すの難しいです(^^)

つららさんもお気づきの通り、彼からもらえるものかどうかも分かりま
せんし、彼から欲しいものかどうかも分かりません。お母さんかもしれ
ないし、おじいちゃん・おばあちゃんから欲しいものなのかも知れませ
ん。(それでは彼に求めても満たされることはなかなかありません)

> こんな自分が嫌です。
> 相手が軽くアプローチをしてきたときに、そっけなくすれば、相手の
> 傷も浅くて済むのがわかっているのにできません。
> 相手から「好きです」や「付き合ってください」といわれたときに、
> ものすごい喜びを感じます。でも、断って傷ついた顔を見ると、もの
> すごい自己嫌悪に陥ります。

男の人がアプローチをしてくるたびに何か強い罪悪感や自己嫌悪を感じ
てしまうような感じですね。それではまるで「私は悪い女」ということ
を感じるために、期待させて、引っ張って、振ってしまう、という態度
をとってしまうのかもしれません。

ところで、そんな期待させられて裏切るようなことをされた経験ってあ
りませんか?ご両親、もしくはおじいさん、おばあさんから。

そこで傷ついてしまった分、ついつい人に同じ手を使って傷つけてしま
います。それは傷ついた自分の心を相手にもわかって欲しい、という潜
在意識の使う手段で「復讐」と呼ばれる行為になります。

愛されようと頑張って頑張ってやったのに、でも、ぜんぜん愛されなか
ったとしたら、心の中には痛みと絶望と疲労感ばかりが残りますね。
それを何回も何年も繰り返したとしたら、心の中はひどく傷ついてばか
りなのかもしれません。

その結果「こんなに頑張ったのに愛されないのは私がいけない女の子だ
からだ」と自己攻撃しまうかもしれないし、「私には愛される価値なん
てぜんぜんないのだ」とため息ついてしまうかもしれません。

だから、それくらい愛されることに強い喜びを感じられるのではないで
しょうか。それくらい愛情に飢え、愛されるために頑張ってきたつらら
さんがいらっしゃるのかな?と感じてしまいます。

> 今なら父のことも母のこともわかるし、わたしに対する愛情がなかっ
> たわけではないと、頭では理解しているのですが、子供の頃の愛情が
> ほしかった自分の感情がうまく処理できていないような気がします。
> 仮に、私が「自分が欲しがるだけの愛情の量」を相手に求められたら
> 仕事すら満足にできなくなってしまいます。それがわかるので、ある
> 程度でセーブしないといけないと思っています。
> その分、ほかで確認してしまうのでしょうか?

ええ、それもあると思いますよ。でも、他にも色んな要素があると思う
んです。彼氏以外の人に求められて、期待させて断るまでの心の動きを
思い出してみませんか。

求められたとき、めっちゃうれしいんですよね。そこで期待させてしま
う言葉や態度を使うのはなぜ? そのうれしい気持ちに応えようとする
のかな? それとも、もうちょっと引っ張ったらもっといいものが手に
入りそうな気がするから?

そこでさらに近づいてきた彼らを拒絶してしまうのはなぜ?
「彼氏がいるから」と現実に目覚めたのでしょうか。
それとも、怖くなるのでしょうか。
あるいは怒りや嫌悪感が出てくるのでしょうか。

こんな風に感情を見ていくのもひとつの方法だと思います。

> 計算ずくで徐々に期待感をあおっていき、突き落とすようなことをし
> ています。私は自分のこのサディスティックな感情をどうにかしたい
> です。人の感情をコントロールしたい、支配したいという欲望が強す
> ぎてそのために時間と労力を割く自分がすごく無駄なことをしている
> ような気がします。

確かに無断なことかもしれませんし、つららさんとしても、決してやり
たくてやってるところばかりではないと思うのです。
復讐のお話を先ほどさせていただいたのは、このあたりを読ませていた
だいたときに、愛が欲しいだけじゃなく、自分を傷つけてきた人への復
讐として、サディストになってらっしゃるんじゃないかな?と思ったん
です。

そんな彼らも辛いし、怒りも出るだろうけど、つららさんだって嫌悪感
でいっぱいで途方にくれてしまうかと思うんです。これは彼らも自分を
も幸せにはならない方法ですね。

> 結局、自分の「相手を支配したい」という感情が消えない限り、誰と
> 付き合っても物足りなくて、同じようなことを繰り返す気がします。
> 自分の言うことを聞いてくれる人なら誰でもいいような気がします。
>「どうしてもこの人」という気持ちを持たない限り、ずっと同じこと
> を繰り返していく気がして、むなしく感じます。

そうですよね。でも「この人!」という気持ちを意識的に持つことはな
かなか難しいです。目標にするのはとても素敵なことですけれど。

相手を支配されたい欲求が出てくる背景には、つららさんがずーっと長
い間、誰かに支配されていたことを示唆していると思うんです。お母さ
んかな?お父さんかな。その人との関係がここに焙り出されてきている
と考えてもいいと思います。

本当に欲しいものはお母さんやお父さんの愛情で、彼らからもらうもの
とは別にあったとしたら、いつまでも繰り返してしまうでしょう。

だから、その人との関係を少しずつでかまいませんから近づけようと思
って見てください。もし、そう思ったときに気分が悪くなったら、きっ
とアタリです。その気分の悪さや嫌悪感、怒りが今のあなたの恋愛に大
きな影響を与えていると思ってもいいかと思います。そのためにお手紙
を書いてもいいです(実際に投函しなくてもいいので)。

つららさんは魅力的な女性だと思うんです。だって突き落とすくらいの
男性が近寄ってくるわけですから。でも、その影には傷ついた心があっ
て、救いを求めてる女の子もいるのかも知れません。

つららさんの本心では、誰に一番助けてもらいたいのでしょう?
そこから始めていきましょう。


無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac