心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問怒りの感情がコントロールできない
はじめまして。いつもHPを見させていただいています。
今メールカウンセリングを申し込もうか迷っているのですが、とりあえずこちらにお願いしてみました。
私は感情、特に怒りのコントロールができません。仕事でも、プライベートでもすぐにカッとなってその場にいた人に怒りをぶつけてしまいます。怒りをおぼえるものは限られているような気がしますが。
いちばん多いのは、つきあっている彼がある特定の女の子と話をしたり、一緒にいるときです。
何度も同じことをくり返していて自分でもうんざりしています。どうしたら、怒りをコントロールできるのでしょうか。
まるさん 35歳 女性

回答 カウンセラー: 中野知枝
まるさん、こんにちわ。中野です。ご相談ありがとうございます。

ご相談は怒りのコントロールについてですね。その場になってカッとなってしまう、とのこと。
これがいつもだったら周りの人も自分も疲れてしまいます。

「いちばん多いのは、つきあっている彼がある特定の女の子と話をしたり、一緒にいるときです。」

このときにまるさんにはどんな感情になるのでしょうか?
「怒り」というものは、感情の蓋になっているものなんですね。
例えば、「本当は私だけと話をして欲しいのに・・」といったような自分のことを考えてくれていないような、そんな寂しい気持ちがでてくるとか、「その女の子のこと気にいっているのかしら?」と嫉妬のようなものを感じた時、悲しい反面怒りとして表に出てくるのです。

まるさんはとても怒りを感じやすいということですから、本当の気持ちを怒りにすりかえてしまっているような感じがしますね。

また、その場に一緒にいる人にすぐにカッとなってぶつけてしまうのはどんな時なのでしょうか?
自分がいらいらしちゃったりしてその人に当たってしまうような、そんな感じでしょうか。
だとしたら、自分の欲求が満たされていない、と何か不満があってそれが怒りになっているんですよね。
この欲求の部分、何があると思いますか?

「怒りをおぼえるものは限られているような気がしますが。」

限られているというのは、まるさんの心を逆なでしてくる部分に対して怒りが出てくるのでしょう。
この感情を揺るがされるような態度を取られたり、言葉がカチンときてしまったりするのかもしれません。
それらというのはまるさんが自分で自分を嫌っている部分なのではありませんか?

例えば、自分が怒りッぽい性格だとして、これがとても嫌で仕方がないとします。会社の人達が何かの拍子で、「あなたはホントすぐに怒るわよね」なんて言われちゃったら、どんな気持ちになるでしょう?
自分ですら嫌っている部分を回りの人に言われたら・・それってすごく悲しい感じがしませんか?
この悲しい感じ・・これがまるさんの核心だと思うのです。
ここを感じたくない為に怒りにかえて表現してしまうのでしょうね。

そして、「自分で責めているんだから、もう私を責めないでヨ!」って無意識に怒りとして周りに押し返してしまうんです。
でもこんな自分を認めて欲しい、って心の底では感じているのですよね。理解して欲しい、って。

この怒りをコントロールする、ということですが、ただ自分が「今怒っているんだな」って認めてあげて欲しいんですね。
怒りを溜め込んでしまうと、それが心の中に蓄積されてしまい、我慢という形で抑圧して後になってからドッカーン!と爆発するか、もしくはずっと我慢しつづけてそれが麻痺してしまい、自分が怒っているのかすらもわからなくなるんです。

ただ認めてあげること、それは自分自身に怒っていることを許可することになります。
「怒っているんだな・・」って納得できるんですよ。
これまではこの怒りを感じることすら嫌ってしまい、だからこそ反発するように周りへ怒りを向けてしまっていた。そうではなく、怒りを本当に感じていることを自分に許してあげて欲しいのです。
そうすると、またどんどん感情が変わっていきます。

そして怒りというのはやる気にも変えられるんですね。
怒りっぽい人って情熱のかたまりのようなそんなタイプが多いです。
だとするとまるさんもとても情熱的な方だと思います。
彼が特定の女の子と話をする姿を見て、後で彼にぶつけてしまうことが多いのかもしれません。そのときにとても嫉妬深い女のような気がしてまるさんにとってはとても損しちゃいますよね。
怒りで彼を責めるだけ、自分を責めていることに気付いてください。
「あの子のことを気にいっているの?!」→「私なんかどうでもいいの?」って、どんどん感情が変化していくんですよ。
自分に魅力がないような、そんな気持ちになるのでしょうね。

ただ怒ってしまう方が多くなって、その魅力の部分も半減してしまい、自分ってなんてこんなに嫌な女なんだろう・・って悩んでしまうのだと思うんです。
「私なんかどうでもいいの?」ではなく、じゃあどうしたら良いのか?
まるさん自身が持っている自分の魅力の再発見をしましょう。
自分がいい女なんだ、って知ることが最大のポイントです。
何があるのか?どこが自分の魅力になるのか?を再確認することで、怒りを感じることも少なくなると思います。

一体何が自分の魅力なんだろう?とわからないかもしれませんが、魅力があるからこそ彼の存在があるのです。
自信を持って下さいね。

初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac