心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問消えてなくなりたい気持ちが変わらない
現実から逃げたくって、早く楽になりたくって、今まで何百回と”死にたい”って思ったことあります。
自傷行為も繰り返しやりました。でも、死ねなかった。それは、愛する人たちとのお別れが、とても寂しかったから。
2年程前、ある病気から食事が摂れなくなって、体重は激減、栄養源といえば血管から入れる点滴だけでした。
一日中、床の中の生活。まぶたを開けるだけで精一杯。
時々、眼を開けたとき両親の姿が映るたび、”もう、お別れなんだ。何もできない私でごめんね”。涙が止まりませんでした。でも、人間、死期を自覚すると、本能で”生きなければ”ってあせります。
それからというもの、点滴をはずし、吐き気止めの薬を口へ放り込み、嘔吐を繰り返しながら、無理やりご飯を食べ続けました。診療拒否したDrへの復讐でもありました。
そして、いまここに私はいます。生の息吹を吹き返したとき、病床から歩くことが許されたとき、赤ちゃんが歩き始めてはしゃぐように、生きる喜びを感じました。だから「懸命に生きよう」って気持ち分かります。
それからは、自傷行為はありません。でも、いまおかれている状況が変わったわけではないから、傷つけることはしないけど、将来を考えると”消えてなくなりたい”って気持ちは変わりません。
きれいな事ばかりじゃないし、そういう事の繰り返しじゃないですか?人間って。そんな気がするけど。
匿名 女性

回答 カウンセラー: 源河はるみ(退会)
ご相談くださって、ありがとうございます。お返事させて頂きます、源河です。
お名前がなかったので、匿名さん、とさせていただきますね。

心の中の暗闇を味わってこられましたね。
そして、そこからなんとか這い出ようと力を振り絞ってこられた。
よく、ここまで来てくださいました。

:現実から逃げたくって、早く楽になりたくって、今まで何百回と”死にたい”って思ったことあります。自傷行為も繰り返しやりました。でも、死ねなかった。それは、愛する人たちとのお別れが、とても寂しかったから。

暗闇の中で、愛する人たちのことを思い出せるのは、匿名さんが”今出来る事のすべてをやり尽くしたから”だと思うんです。
それに、”それでも諦めずに、愛そう”という気持ちの持ち主だから・・・という気がします。

「寂しさ」は、誰かを必要としてあげることのできる、『強さ』の種でもあります。

「ふん!寂しくなんかないやい!」と強がっている人を、客観的に見てみると、「あ~、寂しいんだな~」ってわかりますよね。
でも、私たちは自分自身の寂しさを認めることが怖いんです。
それは”ひとりでは生きていけないんだ”ということを、受け入れることでもあるからなんですね。
もしも、そんな部分を認めてしまうと、誰かを必要として、求め続けたのに、手に入らなかった愛情や、そこでボロボロに傷ついてしまった”痛み”さえも、認めなければならないような気持ちになってしまいます。

そんな”痛み”から、目を逸らそうとするよりも、向き合う事の方が、ずっと勇気が要ります。
匿名さんは、その勇気を持ったんですね。

:時々、眼を開けたとき両親の姿が映るたび、”もう、お別れなんだ。何もできない私でごめんね”。涙が止まりませんでした。

自分が、とってもひどい状況だったのに、それでもご両親を想うことができたんですね。

私たちは、「こんな自分でごめんなさい」と自分を責める時、死にたくなってしまいます。
でも、そう感じてしまうということは、どれぐらい「何かしてあげたい!」って思っているからでしょうね。
はじめからどうでもよかったら、それほどまでに自分を責める事はありませんよね。
それに、はじめから、何もしてあげられない、と信じていたとしたら、「仕方ないよ・・・」って思うと思いませんか?

何度も何度も、自分を傷つけても尚、諦めきれないぐらいの「何かしてあげたい!」という気持ちが、匿名さんの心の中で”生きよう!”とされたんですね。そうでなければ、

『でも、人間、死期を自覚すると、本能で”生きなければ”ってあせります。それからというもの、点滴をはずし、吐き気止めの薬を口へ放り込み、嘔吐を繰り返しながら、無理やりご飯を食べ続けました。』

こんなにまで奮い立つ事はできなかったでしょう。
匿名さんは、”死”の中にある”生”を見つけたのかもしれません。
『強さ』の種です。

『診療拒否したDrへの復讐でもありました。そして、いまここに私はいます。生の息吹を吹き返したとき、病床から歩くことが許されたとき、赤ちゃんが歩き始めてはしゃぐように、生きる喜びを感じました。だから「懸命に生きよう」って気持ち分かります。』

暗い土の中から、必死で芽を出した双葉の気持ちですね。
初めて見る空、初めて感じる風、初めて浴びるお日様の光・・・

その喜びを「あなたは感じることは出来ません」と、まるで見放されたように感じたからこそ、その先生への復讐心が出てくるんですよね。
だって、「こんなにも私は生きようとしているのに!!」という叫びを無視したように感じたから・・・

先生は、暗い土の中に眠っている『強さ』の種の存在を、信じることができなかったのかもしれません。
でも、その種の存在を身を持って知った匿名さんは、誰からも見放されたような、「死にたい」と感じている人の中に、「生きたい!」と叫んでいる声を聞いてあげることが、できる方でもあるんですよ。

『それからは、自傷行為はありません。でも、いまおかれている状況が変わったわけではないから、傷つけることはしないけど、将来を考えると”消えてなくなりたい”って気持ちは変わりません。きれいな事ばかりじゃないし、そういう事の繰り返しじゃないですか?人間って。そんな気がするけど。』

土から芽を出すと、土の中よりも辛い環境が山ほどありますよね。
風当たりのきつい対人関係にもみくちゃにされ、喉が渇いても、雨は降らなかったりもする・・・
でも、種は一度芽を吹けば、葉を出し、茎を伸ばし、花を咲かせようとする、”可能性”を秘めています。

どんな環境にいようと、そこで花を咲かせた時に、ご両親はどんな顔をされるでしょう?
診療拒否した先生は、どんな顔をされるでしょう?

復讐・・・おおいに結構です。
でも、消えてなくなるよりは、「お父さん、お母さん、私はあなたたちにもらった『種』を育てる事ができたよ!」
「先生、あなたが信じる事ができなかった『強さ』は、こんなにも喜びを大きくしていくことができるんだよ!」
って、見せてあげたほうがより強烈だと思いませんか?

もちろん、きれい事ばかりではありません。
でも、くっさ~い肥料を栄養に変える力が、匿名さんには、ありますよ。

「え~!?こんなところに?」というような場所を、一緒にお花畑に変えていきませんか?
芽を出した、匿名さん自身のために、そして今も尚、暗い土の中でもがいている、たくさんの人たちのために。
そう心底願っている、匿名さんが、こうしてご相談くださったように、強く感じています。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac