心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問嫉妬について質問します。
はじめまして、こんにちは。嫉妬について質問します。

今、遠距離恋愛中の彼がいます。 お互い仕事をしていますので会えるのは三ヶ月おきくらいなのですが、普段はメールで近況報告することがほとんどで、電話も急な用件の時意外はする事はありません。

こんな状態が一年以上も続き、最近は私が知らない間に何かあるのでは? と変に彼に嫉妬してしまいます。

それに彼は私に対する気持ちを言葉にして伝えてくれないのでとっても不安です。
「言葉にして伝えなくてもわかるだろ?」と・・・それって勝手ないい訳にしか聞こえ無いのですが・・・男の人は言葉にして気持ちを伝える事に抵抗があるのでしょうか?

それとも私が求めすぎなのでしょうか?彼の何を信じて彼の気持ちをわかっていけばいいのでしょうか?

聴覚派の私は彼の一言がどうしても欲しいのですが、どうしたら彼がそれに気付いて私に表現してくれるいい方法は無いものでしょうか?教えてください。
hitomi

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
カウンセラーの根本です。hitomiさん、ご相談ありがとう。

遠距離恋愛、嫉妬については僕の奥さんが経験豊富なので家庭でもじかに学ばせて頂いてるテーマなんです。
因みにうちの奥さまもカウンセラーです。機会があれば、一度話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

: >こんな状態が一年以上も続き、最近は私が知らない間に何かあるのでは?
: >と変に彼に嫉妬してしまいます。

不安になっちゃっているんですね。
3ヶ月に一度の再会とメールでのやり取りではすごく寂しさも募りそうです。

でも、ここで彼を疑うことも出来るけど、そう思ってるのは誰でしょう? というのがポイントなんです。『投影』って言うんですけどね。 hitomiさん自身、どこかで「こんな状態で寂しくて不安もあったら彼の知らない間に私に何かあっても知らないから」という感じにはなりませんか?

もちろん、それが悪いとかいいとかではありません。
要は、自分の中にある不安や寂しさ、嫉妬なるものを見つめていくことをお勧めしたいのです。それが出来たら、次はコミュニケーションですね。 その寂しさ、不安、嫉妬を彼に伝えようとしてみてください。
今はどちらかというと、彼が何かしている、という想像の中で恐くなって、不安になって、嫉妬してしまっているような気が
するんですよ。それだとその嫉妬は行き先がなくなって、自分の心の中をぐるぐる回ってしまうだけですよね。

: >男の人は言葉にして気持ちを伝える事に抵抗があるのでしょうか?

はい!その通りです!!
女性は聴覚派が多いので「言葉で愛情を伝えて欲しい」と思っているんですね。でも、男性は「『愛してる』なんて結婚前に一度言えばいい」と思っていたりします。それで誕生日や記念日に高価な指輪とか花束(これも稀かもしれませんが)を贈ったりするんです。言葉にするのが恥ずかしい、とか、言葉は信用できない、とかいう思いがあるようです。
もしそういう男性とお付き合いしてるのであれば、その部分を理解してあげること、そして「言葉で伝えられると私は嬉しいの」 ということを彼に教えてあげるとスムーズになるかもしれませんね。

: >それとも私が求めすぎなのでしょうか?彼の何を信じて彼の気持ちをわかって
: >いけばいいのでしょうか?

愛されたい、愛情を直接与えて欲しい、というのは誰も同じです。もらえなかったら渇望してしまうのも自然な感じがします。 そして、あなたが聴覚派なら「言葉で愛情を表現して欲しい」と思うものです。
一方、彼は何派なんでしょうか?男性に多い視覚派でしょうか?
視覚派でしたらモノで愛情を表現しようとしますね。そうしたらお互いの愛情表現が違ってきて、そのままではなんだかすれ違い、となってしまうような気がします。

ここで彼を聴覚派にしようと思ったら大変です。 hitomiさんの彼が仮に視覚派だったとして、あなたは彼がどうしてモノで愛情を感じられるのか分からないと思うんですね。 逆に彼にとっても、hitomiさんが言葉で愛情を感じられるなんて信じられないわけです。ここですれ違いが生じます。 ここでは二人にとって新しいやり方が求められているときです。

でも、お二人にとって幸いなことがあるようです。 それは、hitomiさんが彼のこと、特に彼の気持ちを理解しようと思ってらっしゃることです。 これは大きいです。素晴らしいです。 そこで僕からの提案なんですが、彼を自分と同じ聴覚派に仕立てようとするのではなく、まずは彼なりの愛し方を理解してあげることはいかがでしょうか?彼なりの愛情表現は何だろう?を考えてあげて、 そして、その愛情を受け取ってみようとすることです。

これが出来るようになると、hitomiさんは「聴覚派」に加えて、 「視覚派(?)」ともなり、目と耳のどちらでも愛情を感じられるようになります。すなわち「幸せ倍増計画」です!

それでは、頑張ってチャレンジしてみてください。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac