心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問友人の愚痴を聞くのがしんどい
愚痴を聞くことについて、質問があります。
私は人に愚痴を言うのが苦手です。子供の頃から何かを話すとすぐ母親が文句を言うので、自然と家にいても何も話さず、自分自身で解決するようになっていきました。「文句ばっかり言っていても仕方がない」って。
同じエネルギーを使うんだったらどうすればいいかを建設的に考えて、そっちへ向かっていこう、という考え方になりました。

なので、人の愚痴を聞くのもイヤだったんです。だけど、結局は「自分が禁止していることをやられるイヤさ/うらやましさ」があるんだってわかってからは「愚痴を言いたいこともあるよな~」と思ったり、自分自身に愚痴を出す許可が出たりしてずいぶんラクになったんですね。

いろいろ考えてみたんですが、同じ愚痴でも聞いていられるものと聞いていられないものがあるんです。
聞いていられないのは、「何もかも他の人のせいにしている」もの。延々と人の悪口や、自分にはできない、でも~……なんていう話を2時間も聞いていると、お前はどうしたいんだよ、ってキレてしまいたくなります。

そしてものすごくうっとおしくなったあと、落ち込んでしまいます。この人は私に愚痴を聞いて欲しいだけなのに。
どうして自分はそれすらできないんだろう、なんて冷たい人間なんだろうって。
別段どうでもいい人だったら悩みませんが、学生時代から付き合ってきた友達がそういう状態だったときは、彼女がとても好きなだけに本当に自分を責めてしまいました。

これって、「自分だったら人のせいにしないでやっていくわよ。だからあなたもそうしなさい」っていう気持ちがあるからなんでしょうか。
コントロールしようとしてうまくいかないから苛つくんでしょうか。
「彼女自身がなんとかするさ」と信頼して、そのまま放っておけばいいのかな。「愚痴を聞くのはしんどいよ」と言ってしまっていいのかな。そしたら彼女は傷つくんじゃないのかな。
友達を見ていたら「私も愚痴を言っていいんだなあ」と思って、彼女に愚痴をこぼせるようになりました。すごくラクになったし、感謝してる。だから友達の愚痴を聞いてあげられるようになりたい。
自分も面倒くさそうな返事をされたり、相手に聞く気がなかったりしたら悲しい気持ちになる。
友達にそんな思いをさせたくないけれど、うっとおしくてしんどいのはイヤ。こんなの自分勝手じゃないかなって、とても悩む毎日です。
ひらりさん 27歳 女性

回答 カウンセラー: 中原謙一(退会)
ひらりさん、こんにちは、中原謙一と申します。
ひらりさんのお悩みは愚痴についての問題ですね。

愚痴というのは誰にでもありますし、私もよく愚痴を聞かされます。
その中で、ひらりさんと同じように「何もかも他の人のせいにしている」愚痴は聞いていてしんどいですね。

先に結論から言いますと、聞きたくなければ無理して聞く必要はないと思います。
聞いてあげるのも、「そこでごねていてもなんの解決にもならないよ」と言ってあげるのもひらりさんの選択です。

「何もかも他の人のせいにしている」愚痴というのは、えてして自分の中で答えを持っていることが多いですね。
この場合、彼女自身が「やりたくない」ために使っているだけなんです。

「自分にはできない」とか「人の悪口を言う」人は自分がしなくていい理由を作ることがよくあります。
で、そこを指摘したりすると、「でも」「だって」という言葉が返ってきますね。
「でも」「だって」という人は自分の中に答えを持っている人ですから、こういう人の愚痴に付き合ってもひらりさんの時間も彼女の時間ももったいないだけですよね。

さて、次にひらりさんについてですが、文章を読ませてもらって、ひらりさんは今まで、かなり自分を抑圧してきたことが感じられます。
甘えたくても甘えさせてもらえなかった。
その部分に今少しずつ許可が出てきているところですね。
「「私も愚痴を言っていいんだなあ」と思って、彼女に愚痴をこぼせるようになりました。」というところで、ひらりさん自身が自分に許可をだしてきてるんだと思います。

ただ、一つ気になる点があります。
「ものすごくうっとおしくなったあと、落ち込んでしまいます。・・・彼女がとても好きなだけに本当に自分を責めてしまいました。」
というところですね。

ここで、ひらりさんは一つ勘違いをしています。
彼女の欲求・要求に答えてあげるだけが優しさではありません。
彼女を突き放すことも「やさしさ」になるときがあります。
恐らくひらりさん自身、突き放すような言い方をされるとものすごく傷つくんだと思います。
されたくないことは嫌いな人でない限りしたくないですからね。
この部分でひらりさんは、考えただけで落ち込んでしまったんだと考えられます。

でも、彼女が無意識で「やりたくありません」と言っていることに対して、ひらりさんがいちばんやりたくない方法で彼女と接することがこの問題の鍵だと思います。

ここで私からの提案ですが、ひらりさん自身が彼女が成長することを願ってください。
その上で、愚痴を「聞いてあげる」のか「そこでごねていてもなんの解決にもならないよ」と言ってあげるのか、ひらりさん自身が選択できると思います。

このメールで、ひらりさんの人間関係に少しでもお役に立てれば、幸いです。どうもありがとうございました。

初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac