心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問 小さい頃の記憶が今になって出てくる・・
今日は母親とのことで相談に乗ってもらいたくて書いています。
私は赤ちゃんの頃とても夜泣きが激しかったのです。お父さんはその時単身赴任をしていたのでお母さんが1人で育てくれていました。
しかし、あまりに夜泣きがひどいので、よく夜になると田んぼの中に置き去りにされていました。その時のことは何となく覚えています。
物心ついた頃から私はすごくいい子になりました。
今でもいい子をやっているのですが、お母さんに抱いてもらった記憶がありません。それどころか、拒否されたことが何度かありました。

今更どうしてこんな事考えているのだろうと思うのですが、なぜか今その時のことが鮮明によみがえってきているんです。
そして、その時の気持ちを今感じてしまうんです。もう大きくなっているのに抱きしめて欲しい、側にいて欲しい、そんな気持ちがどんどん出てきてどうしていいか分からなくなってしまいました。
いったいどう処理していいのでしょうか。
 
あすかさん 16歳 男性

回答 カウンセラー: 成井裕美
はじめまして、あすかさん。成井裕美です。

お母さんとの関係を今、何か問題に思っていらっしゃるんですよね?
そして、昔の、本当に子供の時の悲しい記憶が鮮明に思い出される、と~。
あすかさんにとってはその記憶はとても辛いものだし、「なんで今ごろ思い出すんだろう?」って不安に思ったり、パニックになったりするかも知れませんが、私は『問題解決のためのいい兆し』だと思うんですね。
今日はその話を少しさせてもらいたいと思います。

まず、今、あすかさんにとっての昔の出来事がフラッシュバックされると言うことは、今のあすかさんはその出来事に対処できるくらい『成熟した大人になった』ってことなんです。
「はぁ?」って思われるかも知れませんが、例えば今、その昔の出来事に関してリアルに感じられる”感情”、それは何かとても「寂しい感じ」なのかも知れないし、「不安な思い」または「見捨てられたような感覚」なのかも知れませんが、今あすかさんが感じていること、いっぱいいっぱいありますよね?
もし、仮に、今と同じようなその”感情”を、あの、昔の赤ちゃんの頃のあすかさんが感じていたとしたらどうなっていたと思いますか???

私は、あすかさんは決して生き残れなかったんじゃないかな?と思います。
誰もが1番、無条件に愛される赤ちゃんの時代に、今のあすかさんと同じくらいの「孤独感」を感じて、生き残れる人がいるでしょうか?

だからこそ、自分を守る為にその”感情”を封印したんだと思います。
そして今、その”感情”を感じれるくらい、あすかさんは強くなったし、赤ちゃんの頃のように、誰かにすべてを面倒見て貰わないと生きていけない時代でもなくなったみたいです。

ちょっと想像して貰いたいんですね。
広い、広~い遊園地である子供が迷子になるんです。
ちょっと売店で売ってるお菓子に興味を取られているうちに、お母さんがそれに気がつかずに先に行っちゃったんですね。
その日は結構その遊園地も込んでいて、あっという間にお母さんが見えなくなって、その子ははぐれてしまいます。・・・迷子です(>_<)
その子はどうすると思いますか?

まずは必死でその周辺をお母さんを求めて探し回りますよね?
そうしているうちに、誰かに「迷子だ!」と気づいてもらえて迷子センターにつれてって貰えたり、アナウンスでお母さんを呼んでもらえたり
もします。迷子センターで待っている間は、誰かに遊んでもらえたりもするかも知れません。
そうしているうちに、お母さんが迎えにやってきます。
そうしたら、その時その子はどうすると思いますか???

「おかあさ~ん!!!」って大泣きします。
「怖かったよ~!!!」って、そこで初めてそう言えます。
迷子になってお母さんを探してる間も、迷子センターで待っている間だって、ずっとずっと怖かったんです。ずっとずっと不安だったし、心細かったんです。
でも、そういう時って、その「怖さ」や「寂しさ」を感じれないような感覚って分かりますか???とにかく必死になるんです。
そして、やっとお母さんが目の前に現れて、「もう”安全”だ~」って感じれた時に、や~っとその”感情”を自分でも感じれるし、「怖かった」とか「不安だった」とかって、言葉に出して言えるようになるんですよね。

今のあすかさんも、あの赤ちゃんの時とは違い、”安全”な場所にいるからこそ、あえて感じれるんですよ(^^)
安心してください。大丈夫、いい方向に進んでいると、私は思います。

今、あすかさんはお母さんとどんな関係なのでしょうか?
あの赤ちゃんの頃の出来事に関しては、お母さんに対してどんな思いがありますか?
今回のような1回のやり取りではちょっと状況もよく分かりませんから、何とも言えないのですが、良かったら「無料の電話カウンセリング」とかもありますから、また、勇気を持ってコンタクトを取って貰えると嬉しいな~。っと思います。

ただ、「抱きしめてほしい」「愛して欲しい」って気持ちは誰にでもありますし、16歳とかって年齢の時は私もバリバリそう思っていました(^^)
別にちっとも悪くなんかないですよ。それも安心してくださいね。
誰かに上手に甘えられたり、助けを求められるような人になれるといいですよね。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac