心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問大事な友人は元彼。真剣に付き合いたい
私には心を許せる大事な友人がいます。その人は以前付き合っていた彼なのですが、今は、私は真剣におつき合いしたいと思ってますが彼はそうは思っていない、いわゆる片思いです。
私に恋愛感情がある以上彼の近くにいることは私にとってあまり良くないことだと言うのはわかっているのですが、彼とはいろんな事を乗り越えてきた経緯があって、私にとっては今までになく楽になれる、私を受け止めてくれると安心して甘えられる存在なのでどうしても彼を自分から遠ざけることは出来ません。
私が愛情を注いでいればいつか彼も私を思ってくれるようになると信じて努力の日々を送っているのですが・・・最近、これでいいのか?と自分に疑問を持ち始めました。何か良いアドバイスをお願いします。
れいこさん 23歳 女性

回答 カウンセラー: 根本裕幸(退会)
こんにちわ。根本です。宜しくお願いします。

かつての恋人ほど、いい友人はいないって台詞(?)も聞いたことがありますが、ほんとにそのとおりだと思うんです。
でも、なかなか別れ際にギクシャクや悶着が起こるとその後は恨み、辛み、怒り、嫉妬、屈辱、絶望等々のさまざまな感情が沸いてきて二人の間に距離と壁を作ってしまうものです。

でも、れいこさん達の場合はこの友人関係というのを今は作られていると考えてよろしいのでしょうか?

そこにまずは注目してみたいですね。れいこさんにとって彼は心許せる大事な友人ですね。
一方、彼にとってれいこさんってどんな存在なのでしょう?

その他、色々考えられると思います。ココロの痛いところに触れてしまうかもしれませんが、勇気を持って向き合ってみてください。

まずは彼にとっても心許せる大事な存在である、ということ。
この場合はほんとに親友みたいな存在でしょうから、このレベルではぜんぜん問題ありません。OKです。
ただ、お互いに心許せる大切な存在にもかかわらず、なんでお付き合いできないんだろう?というのが引っかかりますよね。これを考えてみるといいかもしれません。

一つは、彼の方に「れいこを傷つけてしまった」という罪悪感があるケースです。この場合だともっと傷つけてしまうことが怖いから受け入れざるを得ない感覚が芽生えます。
特に彼がやさしかったり、誠実な人の場合にはこのパターンが考えられると思うんです。この場合、彼は犠牲をたくさんしているような感じになりますので、れいこさんを徐々に遠ざけて行きたくなります。

また別のケースでは、れいこさんをセックスフレンドのような、都合のいい女のような存在として捉えていることもあります。
れいこさんと彼の間に今セックスがあるのかどうかっていうのは分かりませんのでこのケースも取り上げてみました。
こういう「女の敵!」のような悪行を働く男性は、付き合っているときも、無下に扱うことが多いような気がします。そして、女性側は逢うたびにどんどん傷ついて苦しくなります。

これらは一般論ですので、れいこさんに当てはまるかどうかは分かりませんが、「今」を受け取る大事なプロセスになると思うんです。ぜひ、考えてみてください。

で、なんでこんなことすんねん!というとですね、二つの意味があるんです。
その一つ目というのは問題すべてに共通するんですが、「問題解決の必殺三段活用」(命名者は僕、思いつき)というのがあって、
 1.「今」を受け入れる
 2.その上でどこへ行きたいか?を選択する
 3.あとはその方向へ向かって突き進む
というものなんです。この1~3には必ず「嫌な感情」って障害物があって、それを取り除いたり、飛び越えたり、蹴散らしたりするお手伝いを僕達カウンセラーはさせていただいているわけですが、この「彼にとって私はどんな存在なんだろう?」というのは「1」に当たります。

もう一つの意味は恋愛って「私」と「彼」で成り立ちますよね。「私がこう思う」ことと「俺はこう思う」ことというのは必ずしも一致するわけではありません。
特に苦しいときって自分のしんどさにばかり目を向けてしまいがちですが、そこで彼の気持ちを考えようとすることはとても大切なことなんです。
そうすると彼の苦しみや痛みが見えてくることがあります。
彼の中のしんどさとか辛さとか。
それを見たときに、彼のために自分を変えたい、という力が湧いて出てきます。それが今のれいこさんを成長させる原動力にもなるものなんです。

>その人は以前付き合っていた彼なのですが、今は、私は真剣におつき合いしたいと思ってますが彼はそうは思っていない、いわゆる片思いです。

一度お別れがあって、その後は友人として関係を続けているということですよね。
恋人時代に比べると我慢することも多くなって、しんどい思いもたくさんされているんじゃないでしょうか?
それでも、もう一度関係を取り戻すために一生懸命頑張ってらっしゃるわけですよね。
何とかなるように一緒に考えてみましょう。

>私に恋愛感情がある以上彼の近くにいることは私にとってあまり良くないことだと言うのはわかっているのですが、彼とはいろんな事を乗り越えてきた経緯があって、私にとっては今までになく楽になれる、私を受け止めてくれると安心して甘えられる存在なのでどうしても彼を自分から遠ざけることは出来ません。

うん。そうですね。自分から遠ざかることはとっても難しいと思います。寂しくなったり、悲しみで一杯になってしまいそうです。

でもね、もし「恋人がダメなら、せめて友人で」という思いがあるとしたら、これはとても危ないことです。
彼に好かれよう、好かれようって思ってしまいます。
「彼の近くにいることがあまりよくないこと」って思ってらっしゃる背景にはそのことに気づいてるれいこさんがいるのかもしれません。

お付き合いしている頃の二人の関係を思い出してみてください。
れいこさんはどんな彼女だったんでしょう?尽くして尽くしてってタイプでしょうか?彼に言いたいことがあっても我慢してしまったりしたんでしょうか。それとも、わがままし放題で、彼を傷つけてしまったようなこともあったのでしょうか。

>私が愛情を注いでいればいつか彼も私を思ってくれるようになると信じて努力の日々を送っているのですが・・

はい。そのまま頑張ってください。
最初の方に書いた「2」に関しては大丈夫みたいですね。「彼ともう一度ラブラブになる!」ってことですよね。
まずは、これをはっきり目標に置いて見てください。

で、その上で今、れいこさんがやっておくことってたくさんあると僕は思うんです。
まず、一つ目はしんどいかもしれませんが、次のことを受け入れようと思って下さい。それは、彼がれいこさんを恋人にしてくれないということは、今のれいこさんは彼にとって十分魅力的ではない、ということです。
すごく辛いと思いますが、でも、れいこさんもきっと気づいているんじゃないかな、とも思うんです。だから、頑張れるんですよね。

それを思うとどんな気分がしますか。
絶望しちゃいますか?悲しくて涙がぽろぽろ出てきてしまいますか?
それで構いません。もし絶望や寂しさがあるとすれば、今それを処理しましょう。
彼ともう一度付き合いたい!って思っても、その感情があると自然と逃げ腰になってしまうものです。
そして、その感情を感じたまま、それでも彼ともう一度お付き合いしたいって思ってみてください。
とても勇気がいる部分です。でも、これを始めると自分の中に力が湧いてきます。
前に進もう、頑張ろう、って力が自然と湧いてきます。

そして、これは今の自分を否定することではありません。
よりいい女にバージョンアップすることを求められていると思ってください。
今のれいこさんにもいいところってたくさんあると思うんです。たぶん、一生懸命な人ですし、優しかったり、与え上手な人のような気もします。
それに新しい魅力を一つでも二つでも加えてみる、ということです。

どんな女性になりたいですか?それを手に入れるいい時期だと思います。
そして、彼があなたを見て「最近変わったなあ」とか「最近、すごく魅力的になったなあ」と思えるような。
これは決して「彼好みの女」ではないですね。

そうして成長していくと、そんな自分に見合った人が必ず現れます。
それは彼かもしれないし、彼よりもっと魅力的な人かもしれません。
どちらにせよ、れいこさんは今より輝いて、より幸せになれると思うんです。 頑張りましょうね。

初回無料カウンセリング

 

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac