心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問 付き合っている彼をなかなか信用できない
はじめまして、みほです。
私の相談なのですが、何年か前につきあってた彼氏に突然、好きじゃなくなったと言われ別れてしまった経験が今も尾を引いていて、どうしても男の人を信じる事ができないのです。
今彼氏がいるにですが、つきあい始めた時は、友達と二股状態だったみたいで、その時は私も別れたつもりでいたけど、結局もとに戻ってしまいました。その後も、彼が信じられないので、別れることにしたのですがやはり元に戻ってしまいました。
この人はこんな人なんだと思うのですが、やはり信じることが出来なくて、また突然連絡がなくなってしまうのでは・・・と思うととても不安です。彼の前ではいいように装ってるつもりはなく、なんでもはなせるのですが、こんな不安な気持ちはどうしてもはなせないのです。
どうしたらいいのでしょうか。よい答えがあれば教えてください。よろしくお願いします。
みほさん/30歳

回答 カウンセラー: 中野知枝(退会)
初めまして、みほさん。カウンセラーの中野 知枝です。
私も同じく女性で、みほさんと同じような状況になった事があります。
私の場合は彼が二股で始まって、二股で終わったんですけどね(^^)

みほさんの恐れは二つあると思います。
ひとつはみほさんが言われるとうり、彼に捨てられる恐れですね。私達はよく、今ある状況で、過去の経験を引っ張り出して「あんな事があったんだから、今度もそうなるかも・・。」と不安を作り出すんですね。
これはある種の「防衛」なんです。
そう思う事で、自分を傷つけるものから守ろうとするんです。そうする事で、「ほら、やっぱりそうなったじゃない。」と確認までしてしまいます。

二つ目は、さっき触れたとうり、「自分を傷つける恐れ」です。これは過去にさかのぼるのではなく、未来に関するもので、「今傷ついてしまったら、もう私は駄目になる。」と。そして、それをずっと引きずってしまうんじゃないか、と恐がってしまうのです。

彼のほうを見てみましょう。みほさんと別れたり、よりを戻したりしている彼は何が欲しいのでしょう。

彼も同じように、「恐れ」があるように感じます。多分、みほさんと同じように、「自分を知られる」恐れかもしれません。
それでもまたみほさんを選んでいるのはきっとみほさんからもらっていないものがあるからかもしれません。

私の場合は彼が求めているものが分かりませんでした。なぜなら、自分の気持ちを「隠す」事に精一杯で、彼が欲しがっているものを見る事が出来なかったんです。彼にはそれが分かってしまったんでしょうね。
彼が選んだ人は「自分の感情に素直な女性」でした。

私が後悔したのは、彼を失った事よりも、「自分の気持ちを正直に言えなかった」ことです。

チャックの言葉で印象に残っているものがあります。
「態度と心が一致してなければ誠実ではない」
この言葉の意味は分かりますよね。

今のみほさんには痛い言葉かもしれませんがちょっと勇気を出してみませんか?恐れや不安に飲みこまれるより、自分の感情を大事にして下さい。そして、それを誠実に彼に伝えてみてください。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac