心理学講座やワークショップを開催している、カウンセリングとカウンセラー養成の神戸メンタルサービス。月間3500件以上のカウンセリング依頼を頂いています。
TEL:06-6190-5611
FAX:06-6190-5612
MAIL:kms@healing.ac
受付時間:12:00~20:30
休日:月曜日
(月曜祝日の場合は翌平日休業。他休業日あり)
<HOMEに戻る オンライン 東京スケジュール 大阪スケジュール 名古屋スケジュール 福岡スケジュール 福岡スケジュール


質問「守備範囲」って、限界があるのでは?

はじめまして。恋愛心理学いつも楽しみにしております。
“守備範囲を広げよう”を読んで、質問したいことがあり、メールを送りました。

今回のメルマガに「パートナーがいると守備範囲が広がる」というお話がありましたが、私は“範囲”と名前がついているかぎり、“守備”にも限界があるのではないかと思ってしまうのです。
いくら守備が広がっても限界があればずれてしまったりしてうまくいかないこともあるのではないでしょうか?うまくいかないとき、どうすればいいのでしょうか?

私は結婚4年目の主婦なのですが、今、主人と別居中です。
別居理由はいろいろあるのですが、やはり一番は「性格の不一致」だと思います。
私から言わせてもらうと、まさに「パートナーの影響力に振り回されて、縛られて、疲れてくたくた」で「結婚している間ずっとこんな思いが続くのか」と悩み、ノイローゼぎみになったりしました。

漠然とした話なのですが、主人と私は守備範囲が交わらずにずれてしまっている気がします。 お互い変化しようと努力しているのですが、守備範囲が離れすぎていて交わらない感じがするのです。

メルマガを読んで、「私の変化が足りないのではないか?」「守備範囲が狭すぎるのではないか?」と自己嫌悪におちいります。
しかし、「もうこれ以上どうしようもできない。手は全部尽くした」とも思い、悩んでいます。

自分の考え方に自信が持てず、離婚を決心しているのに行動に移せません。私の考えは思慮の浅いものでしょうか?

質問というよりカウンセリングのような感じですが、お返事いただけますでしょうか?

匿名さん  女性

回答 カウンセラー: 原裕輝
はじめまして、原 裕輝と申します。いつも、恋愛心理学を楽しみにしてしていただいてありがとうございます。
「もう、待ちきれない(>_<) 」 とおっしゃっていただけるようもっと、もっと、面白い恋愛心理学を提供できるよう頑張らせていただきます。

匿名さんは、旦那様との関係でずいぶんと頑張っていられるようですね。今回いただいたメールでは、具体的には、どんな状況かは、わからないのですが、
「性格の不一致」
「振り回されて、縛られて、疲れてくたくた」
「結婚している間ずっとこんな思いが続くのか」
「ノイローゼぎみになったりしました。」
これを、読ませて頂いてるだけでも本当にがんばられたのだなと思いました。
それと同時に僕には、ふっと疑問が湧いてきました。
『なぜ、こんなに ふらふら になっても、がんばるのだろう?』
愛がなければこんなに、ふらふらにがんばれないんじゃないでしょうか?
旦那様を愛してるからこそ、こんなにがんばられたのですよね。
ここであきらめるのは、もったいないのではないでしょうか。
僕からの提案なのですが、
『愛があるかぎり、まだまだ手はありますよ
 あきらめるのは、もう少し伸ばしてみてはいかがでしょう。』

匿名さんが書いてくださった「“範囲”と名前がついているかぎり、“守備”にも限界があるのではないかと思ってしまうのです。」
このことは、確かにそのとうり、と納得してしてしまいます。
ただし、この限界は、『私の想像できるだけの守備範囲の広がりや、私の想像できる限りの変化について』です。
僕たちは、何かにのめりこんだり、一生懸命の時は特定の考えしか思い浮かばなかったり、まわりが、見えなくなったりします。恋は盲目という言葉は、いい例えだと思います。
例えば、匿名さんが、初めて恋愛心理学を読んだ時、「お~」と言うぐらい、いままで想像もつかなかったことが書かれた事はないでしょうか?
  『執着をてばなすと彼が帰ってくる』
  『パートナーは昔のあなた!?』
考えもしなかったことがかかれてたことはないでしょうか?

今までは、一人で本当に考えて頑張られてきたと思います。
でもね、僕に、もう一つ提案させてください。
『もう一人で抱えこまなくてもいいですよ。』
外からの援助や、考え、を受け取ることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?その為に、僕たちカウンセラーもいます。
カウンセラー以外にも、お友達に話を聞いてもらうこともできます。会社の同僚、家族にも相談することもできます。
僕たちは、無料のカウンセリングもしています。
ひとりで抱え込まず、そとからの助けや、考えを借りた時、180度世界が変わるような、物の見方が手に入ると思いますよ。

今はつらいと思いますが、匿名さんが、幸せに満たされるよう応援させてくださいね。
今回は、ご相談いただきありがとうございました。

無料相談事例集トップへ

□現在、こちらのサイトでは、ご相談は受付けておりません。
□当スクールのカウンセラー養成コースで学んだカウンセラーのサイト(カウンセリングサービス)にも無料相談コーナーがございますので、そちらもご覧ください。
□カウンセリングサービスでは、毎月1日・15日の9:00-21:00にご相談を受付けております。 (1/1と8/15はお休みです) ご希望の方は、無料相談コーナーをご覧ください。

Kobe Mental Service all right reserved
神戸メンタルサービス
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 / 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
TEL:06-6190-5611 / FAX:06-6190-5612 / MAIL:kms@healing.ac